カテゴリー
diary

念願の忍者返し完登

数年越しの宿題となっていた「忍者返し」をやっと登れました

御岳を代表する看板課題とも言え、恐らく初めて触ったあるいは真面目に登ろうとした1級の課題でもあると思います

もう随分昔ですが、その時は右手でとるスローパーが止まらず敗退。そして今もやはりそのスローパーは全く止まる気配がなく、もう半ば諦めかけていたのですが、ある日バラシでスローパーを飛ばしてスローパーの先にあるガバカチまで取りに行くムーブが決まり、登れる可能性が見出せました

しかし今の忍者返しは河原の下地が随分と上がった関係からか、昔のスタートより低い位置からのシットダウンスタートとなっている。そして下から繋げていくと、この飛ばしのムーブがうまく止まらない。目標のガバカチはかなりギザギザしているので、止まらないと痛いしすぐに指がボロボロになる

バラシでできているので、後は持久力と省エネ化の問題という事でここ数日トライを繰り返していたところ見事繋がったという感じです🥷

コンディションはというと昨日の雨で染み出しがあり悪かった。雨の翌日はスタートホールドとプレート型のホールドの左部分が濡れている場合が多い。登っていない時はティッシュを詰めて、登る直前に外してチョークアップで乾かすスタイル

ちなみに、最近少し変わったラインで登っている人を見るので、一応そのラインでも試しに登ってみました。ライン的にはスタートから「子供返し」「変形忍者」で使うホールドの方に逃げて直上する形でフィンガークラック部分に直上するような形。こちらは3トライほどで登れて、難易度的には2〜3級程度に感じました

風強いし、フィンガークラックのところで足を3回ぐらい滑らせている😂

恐らく新しいスタートからだと右斜めに走る顕著なラインを登るというのが分かりづらくなったのが原因っぽい。この岩には使えるホールドが多いし課題もジム並みに設定されているし、週末となれば人も多くマットもジム並みに敷き詰められているのでそういう点では個人的にはあまり魅力を感じないところはある。ただ歴史ある課題という事で完登はしておきたかった

忍者返しは11:15あたりに登場👆 セイッ

これでMITAKE BOULDERING GUIDEに記載されている1級課題に関して言えば未完登なのは「命ください」と「デッドエンド」だけとなった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です