ただいま瑞牆🪨

3ヶ月ぶりの瑞牆です。この時期の瑞牆は訪れたことがなく、きっとまだまだ寒いんでしょうと思い避けていたのですがインスタの投稿にクライマー達がちらほら通い出している投稿を見ていざ出陣

まだメインの駐車場へのゲートは閉まっているため、ゲート手前の天鳥川エリアをセッションすることに。ほぼ岩の横に車を付けられるのでアプローチもなく大変良い🪨🚘

最初は嘆きの岩へ。この場所は午前中はとても日当たりが良いようだ☀️この岩に昨シーズン終盤の夕暮れ前に訪れたときは凍え死にそうでストーブで暖をとっていたのが記憶に新しい。しかし今日は5月中旬並みの暖かさということもあり、暖かいを通り越して暑い🥵

とりあえずアップで”ため息”を触るも全くラインが見出せず敗退🥺 3級…本当に3級なのか?オレは3級も登れないのかととため息をついてしまいました

タグさんが”夏への扉”をトライするという事でとりあえず自分は再登しておくことに

その後に、裏側にある”日暮れの道”をトライするも、敗退。今日は他にも”指人形”を触りたかったので、ここで深入りする前に見切りをつけて移動

“指人形”は最初は足上げに苦労したものの、良い位置とコツをつかんだら下部は難なくこなせるようになった

そこからの後半のラインに関して、トポを見る限り直上するように見えるので、直上のラインを探ってみたが全くそれらしきホールドが見つからない

なので気持ち横(左)にそれる形でリップにランジして直上っぽいところ(右)でマントル返して誤魔化した☺️

果たしてこのラインで本当に合っているのだろうか…(YouTubeで答え合わせしたらほぼほぼ合ってたけど、シットスタートだった💦やり直しに行かなければ)

“指人形”は薄いカチを握るスタイルや下部でやや狭いスタンスで壁に入りこむ形が自分にフィットしたのか、割と登りやすかった

ただ最後のランジはおじさんには優しくない👴

おじさんはダイナミックは好まない👴

おじさんはネチネチジリジリしたクライミングが好き💕

逃げちゃダメだ🥷🏽

“忍者返し”があまりにも進まないので、気晴らしに隣にある”変形忍者返し”を試したところ、手応えあり🪨

ワンデイでは落とせなかったものの、デイツーで無事回収できました✨

“忍者返し”にいたってはバラシで登れているので後は繋げるだけなのでなんとか今季の御岳シーズンには完登したいところ🥺

御岳の代表的な課題である”忍者返し”と”デッドエンド”が登れていないのはなんとかしたいです

動画見ると他のクライマーさんが動画にフレームインしないように気を遣ってくれているの、やさしい🥰

遊歩道岩に移動して、タグさんがトラバースをトライしているところ自分は逆トラバースをトライ

バラすことはでき、次には繋げられそうな感触

最後にマミ岩の近くにある無名の岩の無題の2級のラインも登った。左右に2級のラインが2本あったが、左側はできず、右側をなんとか完登✊

前傾している壁で下地もそれほどよくないので、緊張感のある良い課題だった💯

今日の狙いは御岳洞窟

既に三日ほど通っているのでムーブは全て解決済み

強傾斜の壁が苦手ということもあり自分にとっては強度の高いムーブが連続して、パワーが無いと登れない課題

前々日に雨が降った事と、春も近づいて来ており、今日は気温も上がる(最高18℃)とのことだったので少々岩の状態が心配ではあったが岩のコンディションは抜群に良かった

洞窟内は冷え込んでおり、ホールドも乾ききっていた。特にガバスロットをマッチする所が湿っていると滑りやすく、やりにくい。それ以外のホールドは特に湿気が影響するような感じではない

一発目ではパワーが全開に出ない場合が多いので、十分すぎるほどのウォームアップをしていざ挑戦

出だしからの感触はとても良い。核心とも言えるガバスロットのマッチから、右手をクロスでポケットを取りに行くムーブもばっちり決まった。ここまでは軽快、念入りのアップが効いたようだ。イケルと確信したのでその後の一手一手は焦らず丁寧に

強傾斜から抜けて後はトラバースするだけの箇所に出てきたが岩が予想以上に冷え込んでいたみたいで手が冷える。指が悴んで痛くなり、少々焦るがなんとか気合いで無事完登!

この課題はフューチュラよりスクワマの方が足が利きやすいように感じた。フューチュラ教ではあるがやはり強傾斜ではエッヂとダウントゥーが効いたシューズの方が登りやすいようだ

最後のトラバース部分は手前の岩がかぶってしまって下半身が見えないがご愛嬌で