裂けた青空を登った

今から9年前、2012年4月15日に後輩と彼のクライマー仲間達に連れられて初めて瑞牆に連れて行ってもらった

その時はトポすらも持っておらず、案内されるがままに皆についてまわった

自分は皇帝岩の”鏡”という6級の課題を登らさせられて、その当時はその課題ですら相当痺れた記憶がある

そんな彼らは阿修羅、インドラなどの課題を登って、そのラインや課題名のかっこよさに惹かれたのをよく覚えている。これらは今でも憧れの課題だ

その日まわった課題の一つに割れ岩の”裂けた青空”という課題がある。この岩も相当なインパクトがあり、印象に残っている。これは当時その知人が登っている時の写真

斜めにスパッと綺麗に切られたような大岩、チョーク跡で真っ白になったカンテのライン。素晴らしい

そして今日、自分もこの課題を登ることができた

いざ登って見ると、カンテ沿いにパワフルな動きが続くのかと思いきや、フェース側の足をうまく使いバランスを整えながら登らなくてはいけなく、繊細な動きが要求された。カンテも立っているので気を抜くと手が滑って落ちてしまう。高さもそれなりにある。パワーもテクニックもメンタルも要求される良課題

根津ユージ元気かな?この課題を教えてくれた彼に感謝したい

マイル貯めてますか✈️

今年は例年より早く梅雨入りらしく、既に各地雨模様の毎日☔️

そんな中、わずかなチャンスを狙って瑞牆へ🪨向かうは”空をこえて”に。こちらは新トポ(MIZUGAKI BOULDERING AREA GUIDE)には掲載されていない課題。サザンクロスのある出会い岩から少し下流にある。しかし残念ながら前日の雨で岩はびしょ濡れでした

その後、上流にある小くじら岩に行ってみました、こちらもびしょ濡れ

みずがき自然公園キャンプ場に向かい、手前にある”みんなの岩”周辺を確認するもめぼしい課題はやはり濡れている

最終的には皇帝岩に。運よくこちらの岩はなんとか登れそうなレベルで乾いていた。アップがてら”皇帝”のマントルパート5級をするも普通に敗退💦 身体が温まってきたところで、隣の”皇寿”を打つも、こちらも敗退

昼頃にはだいぶ岩肌も乾いてきた様子で、フリークエント・フライヤーズに移動。こちらは初トライでしたが、何とかムーブを組み立て完登できました👏

実はこれ本日2回目の完登で、1回目は左にある課題”鏡”のガバ棚を使っていて、それが納得いかずに、そのガバ棚を使わずに再登しました

C:鏡 D:フリークエントフライヤー

本当は下の方のポケットも使わずに登りたかったのですが、こちらを使わずに抜けるムーブは起こせなかったです。動画でもこの辺りのホールドを探りながらゴニョゴニョ言っていますね

こういったトポの解釈って難しいですよね。最終的には自分が納得いくラインなのかどうかだと思いますが、なんとなく誰かに”そこ限定なんだよな”とか思われるのが癪じゃないですか😇

とりあえず引き続き”鏡”に被らないラインで登れるように挑戦してマイルを稼いでいきたいと思います✈️

追記:2021年05月23日 ガバ無し再登できました

知らない人と30K走った話

ことの発端はですね、以前に私が参加していたclubhouseというソーシャルメディアでの出来事でした

そこに私の知人ISOさんがホストしていた”ぬるま湯♨️”なる部屋があり、その部屋のメンバーからTOKYO EAST RUN 30K(リレーマラソン)というレースにエントリーしたという話がルーム内でありました

この部屋は元々ランナーが多い部屋だったので当然この話が出た時も、面白そう!という話になり、ぬるま湯でもチームを作ってエントリーすれば?という流れに

そこで、ルーム内で出たい人を集ってエントリーする事に。私もそろそろOMMに向けてランニングを再開しなければいけないし、モチベーションあげるのにいい機会だなと思い挙手✋結局たいして練習はしなかったんですけどね。ぬるい感じで楽しむ方向かと勝手に思ってて

結局ぬるま湯からは2チーム誕生。私はY子さんとYさんと一緒に走る事に。どちらの方も面識ありませんが、ルーム内では喋っていたこともあり、共通の友達もいるので、他人感は少なかった

当日はコロナの関係で直前まで開催が危ぶまれましたが無事開催となり会場でみんなと初顔合わせ。ルーム内で最初に参加を表明していた”走る練習”チームの2組と、”ぬるま湯”チーム2組、と友達多数。私に限って言えば、2ヶ月前にclubhouseを退会しているので結構アウェイ状態かなと思いましたが、共通の友達が多かったのでアウェイ感は薄め

Y子さんは直前に走ったバーチャル UTMFで足がダメ状態ということで代走にMさんを紹介して頂いた

出走の順番はYさん、Mさん、私という形でレーススタート。そしてYさんが圧倒的速さで戻ってきたのでこれはちょっと??想定と違うぞ的な空気を感じつつもMさん出走。Mさんはのんびり行ってくれるよなと思っていたら、Mさんも割と早めに戻ってきた…

MZKさん(走る練習チームB)と65分ぐらいかなぁ〜と言ってたのに、なんか結構まじめに走らないと行けない雰囲気になったので自分の最大限の出力で走りました

150bpmぐらいで気持ちよく走りたかったのにな💦でも終わってみたらこれはこれで充実感MAX⤴️

私が随分と足を引っ張ったにも関わらず、男女混成の部で3位に入賞🥉

レースに誘ってくれた走る練習チーム、ぬるま湯チームを取りまとめてくれたISOさん、一緒に走ってくれたメンバ-に感謝です✨