ARMATTAN CHAMELEON 組み立てシリーズ その1

Untitled

今回はこのフレームを組み立てたいと思います

最近の自分のビルドではALIEN 5インチがとても気に入っていて、その後にQAV-Xを組み立てたのですが下付けバッテリーのスタイルがあんまりしっくりこなくて、バッテリーを上に乗せるタイプでもう一台組みたいと考えていました

バッテリー下付けは着地に気を使うのと、後々に操縦が上手くなったらスライドとかウォールタップとかをやりたいのでフリースタイル志向であればバッテリーは上に乗せるタイプがいいのかなと思いました

この結論に至る前にSKITZOフレームとそのビルドのためのパーツを去年末頃に注文していて、SKITZO FCが出たらそれで組みたいと思っていたのですが、結局いつになる事やら(SKITZOフレームはバッテリー下付け)

市場の動きが早いのでさっさと作って消費していかないとすぐゴミになってしまう!!と思いながら5インチは気軽に飛ばせず消耗するのはTinyWhoopのブラシモーターばかり💦

少々脱線しましたが話は戻ってカメレオン。候補的にはALIEN 5をもう一つと考えていました。ALIEN 4のボディにALIEN 5のアームという、俗にいうALIEN 4.5も考えたのですが、そうしたところでそんなに小さくなるわけでもなく、メンテナンス性と小型化/重心集中化とのバランスを考えると今の自分にはALIEN 5でした(メンテナンス重要視)

そんな中、ALIEN 4.5を愛用していたJohnny FPVがカメレオンに乗り換えたり、フライトスタイルとお茶目なトークが好きで注目しているTom Smith FPVもカメレオンに乗り換えたのでカメレオンを試してみることにしました

無類のMr Steele好きなんですけどね。彼はALIENを引き続き愛用中。というより彼はあまり変化を好まないタイプですね

カメレオンの第一の特徴は低いフォームです。Low CG(Center of Gravity)と言われるスタイルで、いまMini Quad界隈では割と流行っています

極力重心を中心一箇所に集めて飛行特性をよくしようという考え

ドローンレーサーの組み立て方のブログや動画は腐るほどあるので、そういう内容のものは書くつもりはないです

基本的には自分のための記録と、後は普段いちいち説明されていないような小技やTIPS的なのがあれば書いて行こうと思います

まだ始めて三ヶ月のど素人ですが!!間違っている内容があればご指摘お願いします🙇

Untitled

まずは参考情報。手元にあるフレームとスタンドオフ類の重量比較。ボルトまでは入れてないですが

実際のビルドの流れ

Untitled

最初にやるべきことはフレームの準備。角をヤスリがけします。特にアームの先端部分を面取りすると良いです。丸みをつける事によってクラッシュした際の衝撃を逃しやすくしてフレームの破損や剥離を防ぎます

バッテリーのマウントストラップが当たるところも面取りしておくと良いです。バッテリーストラップが切れにくくなります

Untitled

ハンダ付けの後は無水エタノールで拭き取りフラックスを除去します。自らフラックスを利用していなくてもハンダの中にも含まれています。フラックスは基盤に残すと腐食の原因にもなりますし、導電性があるのでトラブルの原因にもなります。何より液体が溢れたような感じで見た目がよくありません

イソプロピルアルコールを使って、という記事をよくみますが無水エタノールでも綺麗に拭き取れます

Untitled

ESCなどハンダしたパッドが小さいところなどでは歯ブラシでゴシゴシやっちゃいます

今日はここまで✋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です