Climbing Day 230

久々に外岩に行ってきました。場所は小川山。最後に外岩に行ったのが、6月の瑞牆なので3ヶ月ぶりです。夏はクライミングするには暑すぎるので、これからがベストシーズンですね

前日入して廻り目平キャンプ場で一泊。Girl x PolerのTwo Man Tent、愛用しております

*

実はこの日はクライミングというより、渓流釣りがメインでした。禁漁になる前に行こうということで誘われました。釣れるのはイワナです

日の出と共に行動を開始。上流に向かって沢沿いを歩きながら釣りをします。始めての渓流釣りでしたが、とにかく竿や仕掛けが周りの枝などにひっかかって大変でした。釣りをしている時間の半分ぐらいが糸ほどいたり、竿たたんだり、出したりだのの、実際に釣りと関係ない動きしてました

私はほどほどに楽しんで、キャンプサイトの方に戻りました。今年はかなりキノコが沢山生えているようで、この日も良いサイズのベニテングダケをゲットできました。ベニテングダケの実食レポートは後日UPします

*

片さんがイワナを2匹釣ってきたので、これを2人で朝食に頂きました。ほどよいサイズで頭からシッポまで全て食べられて、美味しかったです。淡白な川魚という感じです。骨の部分をカリカリに焼くと美味しいらしいですが、私はそのままパクっと食べました。1匹が子持ちで、そちらも頂きました。味はイクラって感じですね

*

そして午後からクライミング。最初に登ったのが西股沢右岸父岩にある小川山物語(ストーリー) 5.9。28mもあるロングルートです。スラブ(緩い傾斜)の花崗岩らしいルートです。こちらはマスターでオンサイトできました。私ぐらい登っている人であれば(ルート1年)、基本的にこの課題でパンプすることは無いと思いますが、長い上にスラブなので足が痛くなります。しかも何故か外岩用に足にあわない(というかハーフサイズ小さすぎる)ミウラーを履いているのもあって、足指が痛い

*

終了点からの景色。廻り目平キャンプ場と金峰山荘。最高ですね~

*

兄岩に移動して、タジヤンIV 5.10aをRP。最後のピンから終了点まで若干ランアウト気味になるのがしびれます。こちらもオンサイト。次にすぐ横にある三日月のピンクリップ 5.10bにトライ。しかし核心部分で落ちてしまいました。スラブがヘタクソすぎてグレードの割にはやたらと難しく感じてしまいます。ルートはこの程度にして、キャンプサイトに戻りました

キャンプサイトに戻った後は近くのボルダーエリア、くじら岩周辺に移動して少しだけボルダーを。ホワイトノイズ 4級をフラッシュ。クラック沿いにトラバースして、最後にリップにマントルする課題。簡単ですが、マントルがスリリングです。しかもマントルを返す場所の足場は悪くて、超絶落ちたくない感じでしびれます

最後にタートルマントルという課題を触ってみましたが、全く意味不明のまま終了。帰路に向かいます

帰りは清里ライン沿いの名店OWLにて三種類のカレーセット、スパイシ~~♬に旅を締めくくります

*

その他の写真はこちら

Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です