Curry Rice Association

またまた去年のカレー紀行なんですが、マスク先輩に誘われて行って来ました、カレーライス協会

到着するなり、いきなりこの扉でテンションMAX

*

さらに扉をあけると、そこは紀元前です

*

先にお客さんが入っていましたが2人だったのでセーフ。マスク氏が厨房のほうに顔を覗かせて、”2人いいですか?”とマスターに伝えていました。聞く所このお店、同時に4人までしか入れないようです

なので例えば今回私たちが3人で訪れていたらアウト

無事注文?をしたところでしばし待機。少ししてカレーが登場

*

茹で野菜の量が半端ない。これだけで1人前の食事になりそうな勢い。これを少しづつカレーに投入して混ぜあわせて食べていきます。カレーは欧風っぽく、いつもインド系のスパイシーなカレーを食べている私には少し甘く感じました。後からマスターに聞いた話ですが、野菜の味を最大限引き出すようにカレーのルーを工夫しているそうです。カレーに関しては日々試行錯誤しており、味も常に変化しているとおっしゃっていました

野菜をカレーに投入しながら食べていくのですが、さすがにこれだけの量の野菜があると途中でルー切れしてしまいました。すると、絶妙なタイミングで裏からマスターが出てきて、ルー足しましょうといっておかわりを

野菜とカレーを食べ終わると更なるサプライズが

* *

まさかのメロン。そしてメロンの後には食後のチャイ。メロンを食べている間に厨房から何やらチャカチャカ音が鳴っているな〜と思ったのですが、チャイを作っている音だったのですね

食後はマスターと骨董品や芸術作品についての話。マスターが昔に美術館用に集めたものなど、貴重なものをいくつも見せてもらいました。店内に無造作に転がっていていいのかと思うようなものも

そうこうしていると、まさかのスギさん登場

*

3人で話しているとマスターが気を利かせてコーヒーまで入れてくれました。マスターはコーヒーを飲まないらしいんですが、いつもお店に来てくれるお客さん(エグザイルの人)が持ってきてくれたらしいです

至れり尽くせりなランチとマスターのディープな話、是非またゆっくり訪問してみたいです

* カレーライス協会について調べていたらこんな方を発見しました NOMCO CURRY MAP

第1回目で想いの木、しかもあのカレー屋さん700のブログのたあぼうさんと。その他にもヴェジハーブサーガ、コチンニヴァースとセレクションがかなり良いです(私はとにかく南インド料理推しなので)

他に行っているお店も興味深い所が多く、要チェックですね

ぜんぜんカレーと関係ないですが、これ面白い。AIDSに対するプロモーションビデオな感じですが

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です