mt. tsubakuro 前編

第17回目登山2010年07月11日〜12日

メンバー:単独

06:30 中野出発
09:30 市営第一駐車場
10:00 登山開始
13:00 東沢乗越
16:20 燕岳山頂
16:45 燕山荘
04:30 燕山荘から下山開始
06:30 市営第一駐車場
16:00 有明荘出発
19:00 会社到着

今回は余裕もっての朝からの出発。しかし、開始からいきなり登山口を間違える!道標に燕岳(8.9km)って書いてあるけど、8.9kmってどう考えても4時間で着かないよな〜とか思いながら、今日の1日は長いからいいっかって事で突き進む。どうやら合戦小屋経由ではなく、東沢乗越経由の登山道に誤って入ってしまったみたい。

こっちのルートはかなりマニア向けみたいだ。燕岳山頂に着くまでにも一人としか他の登山者とすれ違わなかったし。登山道も細く、あまり踏まれていない。雪渓をトラバースするところや難所も多数あり。なかなか楽しませてくれる。マイナーなルートっぽく、休憩箇所もなく、道標もほとんどない。予定していなかったルートなので、正直燕岳まで到着できるのか不安だった。まぁ、最悪ビバークして元のルートで戻ればいいやとか安易な考えでとにかく前に進む。

雪渓を渡っている所で雷鳥に会いましたよ!ゲェーゲェーって不気味な泣き声のアレは雷鳥のですよね?一瞬見えたんだけど、すぐ草の中に隠れちゃいました。

乗越から稜線に出た所で少し迷ったけど、なんとか燕岳の山頂に到着。稜線はかなりの強風!何度か吹き飛ばされそうになったけどしゃがみこんで踏ん張って耐えた。雨もかなり降っていて、視界も悪い。

*

そこからテント場のある燕山荘へ。燕岳山頂から既に見えています。道標には1kmと記しが。ついてテント設置。雨と強風で苦戦したけど、なんとか。濡れた服を脱いでテントの中で干す。雨具の中まで濡れるとは思っていなかったので、着替えを持ってきていなかった!大誤算でした。

しかも夜中には強風で寝ている間にテント上のカバーをとめている杭が上に乗せた岩をも吹き飛ばして外れてました!それが原因でテントの中、浸水・・・しかも干してた服がさらにびしょ濡れに。異変に気付いて起きた自分は、濡れた雨具を着て凍え死にそうな思いで外に出て杭を固定。大きめの石を何個か重ねて対処。シュラフはサーマレストの上だったので浸水の影響を受けずに快適だったのですが、自分が寒くて寝れませんでした。とりあえず、朝まで目を閉じて休息。

こうなったら早く下山したくてしょうがなくなり、早く日が出てこい〜と願うばかり。4時にはうっすらと明るくなってきたので、早々に下山支度開始。濡れたSKINS気持ちわり〜!笑。上は乾いたフリースがあったので良かったけど。

今度こそは予定していたルートで下山!5.5km、全然短いし!笑。2時間で駐車場に到着。昨夜からの大雨で登山道、特に麓の方では、川かっていうぐらい水が流れてました。駐車場横の川も物凄い事になってました。帰りの道、土砂崩れ恐いな〜って思っていたら、コレ

*

でました、通行止め!!!

続く。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です