beijing day 1

北京なう。したかったけど、中国からはtwitterにアクセスできないみたい。というわけで、北京行ってきました〜。初中国!メンツは祖師谷クルーのユウスケと今回のツアーをコーディネートしてくれたMR.STOKE

初日はホテル(Capital Hotel Beijing)にチェックインしてそのままスケートで天安門に。MR.STOKEの提案で街中クルージング用にソフトウィールを持って行ったんだけど、これが大正解!北京は路面いいし、スケートをしていて怒られる事はほぼないのでソフトウィールあれば移動にかなり使える!地下鉄の通路や故宮の中でも平気でした。

*

故宮を見た後は、そのままプッシュでスケートショップに向かう。途中、小腹が空いたのでランダム露店で玉子焼きサンド的なスナックを買う。2元(30円)。その他あやしげなオヤツと紅牛をゲット。

*

スケートショップは”TOUR SKATESHOP”というお店。ここで、中国のドメスティックブランド”JUSTICE”のデッキがあったのでチェックしてみたらかなりGIRLチックなシェープ。とりあえず200元(3000円弱)だったので迷わず購入!

*

スケートショップのオーナーにスポットを教えてもらうと、ユウスケも下調べ済みだった”教会スポット”(王府井天主堂)に案内される。

*

なかなか雰囲気あるスポット。北京っぽくないけど・・・ローカルのスケーターが5、6人いた。みんなフレンドリーだったけど、言葉の壁がかなりあったな〜。ガチで英語が通じない!でもスケボーは共通語!とりあえず、教会で混ざってセッションしました。ステヤ、カーブ、ベンチ、レッジ、など揃ってて、路面も結構跳ねる。けど、「ここで毎日滑ってるの?」って聞いたら、なんか、そんなわけ無い的な答えだった。笑。とりあえずここはたまり場的な感じになっているんだと思う。しばらくセッションした後、みんなとお別れしてこの日のメインイベントである”北京で北京ダックを食べる”に!北京ダックが美味いと評判の北京大董火考鴨店をMR.STOKEが予約をしてくれてました!教会スポットからはタクシーをひろって移動。

こっちのタクシーの運転手が相当適当で。まず、ほとんどの運転手が行き先を即座に理解してくれない。地図を見せても頭をかしげて見てたり。で、携帯電話を貸せと言ってきて、その電話で行き先に電話をして行き方を聞く感じ。とりあえず、あいつらすぐ電話します。あと、すぐクラクション鳴らします。むしろカジュアル過ぎて、すぐに街でクラクション鳴らされるの慣れました。それから、よくあったのが目的の”近く”についただけなのに、適当に指さして「あそこだよ」みたいなこと言って降ろすの。あれマジやめて欲しい〜。

*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*

北京ダックは期待を裏切らない美味さでした!ま、僕はグルメじゃないので詳細は割愛しますけどっ!他の料理も美味かった〜。全体的に創作料理って感じ。これだけ食べて、酒も飲んで200元(3000円)ぐらいでした!お腹いっぱいになってホテルに戻った後はみんなでマッサージ行こうって話に。ホテルにもマッサージできるところありましたけど、おそらく割高だろうっと言うことでホテルの人にマッサージ屋を紹介してもらい、そこまでタクシーで移動。松霖保健というところでした。タクシーで20分ほどの所で、タクシー代は30元(450円)。この辺り一帯がマッサージ屋エリアみたいです。松霖保健は、英語・日本語も多少なら通じる感じだった。1時間全身マッサージで68元(1000円)!僕の担当のコはかなり上手だった。体もだいぶ軽くなった所で、マッサージ屋付近を散策。7-11でいろいろ仕入れをしたり、フルーツ屋でつぶれた桃やら生ライチを購入。海賊CD/DVDショップもあったので、LOSTのシーズン5と6のコンプリートDVDセット買いました。2つあわせても180元(2700円)!一応日本語字幕もついているみたいだけど。パッケージにも解説が日本語で・・・まだ見てないので実際どうなのかは不明。笑。

今日いったところをGoogle Mapにまとめてみました。どうやら中国のgoogle mapは地図と航空写真でズレがあるみたい。おまけに地図上に配置されているものもずれているものが多いようです。なので、航空写真をベースに、実際に同じ建物を探してピンをドロップしてあります。


より大きな地図で 2010年06月11日 北京 を表示

2 thoughts on “beijing day 1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です