13712558705_79f1e698bf_q

Climbing Day 257

2014年外岩始めは城ヶ崎にてクラッククライミング

今回は城ヶ崎のファミリークラックエリアという場所に行ってきました。ちょうど城ヶ崎の吊り橋の真下にあります。エリア名からお察しの通り、ルートのほぼ全てがクラックで構成されています

this years first outdoor climbing was in jougasaki, shinagawa prefecure. doing crack climbing with trad style. which i really really hate!!!
but i tell myself that improving my weak points will greatly enhance my climbing skills…

私、クラッククライミング大大大っキライ!!!!なんですw

しかし、得意分野をひたすら伸ばすのも良いのですが苦手な分野を克服してこそ大きな伸び幅を得られる訳です。きっと。。。。って自分に言い聞かせて行ってきましたw 同じ事やっているといずれ平行線になってきてツマラナクなっちゃいますしね

しかもトラッドクライミング

“リードクライミングは、あらかじめ開拓者によりボルトが打ち込まれているルートを対象としたクライミングと、クラック(岩の割れ目)などにナッツやカミングデバイス(カム)といったナチュラルプロテクションをセットしつつ登るクライミングに分けられ、2006年時点では前者の人気が高く、通常「リードクライミング」と言った場合は前者を指すようになっているが、後者との区別を強調したい場合などはスポーツクライミング(略して「スポーツ」「スポート」)と呼ばれることもある。後者は「岩を傷つけない」「可能な限りシンプルなスタイルを採用する」というクライミングの伝統に基づいていることからトラッドクライミング(略して「トラッド」)と呼ばれて前者と区別される。”

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0

ほほう、スタイル重視なら断然トラッドなんですね。しかし怖いですね~。必要以上に身体に力が入ってしまいます。登っている最中にロープのテンションにより下の方のカムが外れたりなんかすると、見ているだけでかなりドキッとします。。。

カム充の片さん (hiro with his cams)

ハンドジャムもあれば (handjam)

フィンガージャムもあり (fingerjam)

オフウィズなんかも (offwidth)

超クラック充でした
しかもちょっとクラッククライミング楽しくなってきました☆

今回このエリアが初だったのでヘルメットは持参していなかったのですが、このエリアは落石が多いのでヘルメットの着用を強くおすすめします

ブログを書きながら思ったのですが、登ったルート毎に使ったカムのサイズをメモっておけば良かったですね。次回の課題としましょう

13422750514_964882dab8_q

SWE MYANMAR

ひろこさんに誘われてスィゥミャンマーでミャンマー料理お食事会。セレブな立食パーティーでした!!
hiroko invited me to a party at a myanmar restaurant.

ミャンマー料理はとにかく和え物的なのが多かったです
myanmar food menu mainly consisted of dressed foods

豚のホルモン pig innards
揚げ豆腐の和え物 fried tofu dressed with sauce
マンゴーの漬物サラダ mango pickles salad
ダンパウ(ビリヤニ的なやつ) danpauk

ティラピアと大豆味噌炒め tirapia with soybean miso
ココナッツラーメン coconut ramen
もち米ケーキ glutinous rice cake
鶏肉の炒め物 chicken dressed with sauce

うどんの和え物 udon dressed with sauce
パロタドリアンアイスのせ parota topped with dorian ice
タマリンドジュース tamarind juice

13378504703_dc54975486_q

Diving Day 38

第38回目素潜り
2014/02/02
外房
水温 16度
透明度 6mぐらい
波 0.5m

2014年一発目の素潜り。この週末はtimの付き添いで外房に行く事になっていたのですが、気温がかなり上がるとの予報がでていたのでみんなで素潜りに行くことに。真冬の素潜りは今回が始めて。5-3mmのジャージのウェットでしたが、30分ぐらいは平気でした。その後手とかが冷たくなってきたのであがることに(魚も居なかったし…)

すると漁師がガン見…しかも警察呼んでました。千葉、特に外房は厳しいですね~

漁師はかなり不満気でしたが警察の人は”ハイハイ、シュノーケリングしてただけね、貝とか採ってないよね、ウンウン”、みたいな感じで軽く流してましたは~

あ~面倒くさっ!!

流行りの波止場ポーズで

13265280223_eb6b268d6a_q

Mt. Akadake

第40回目登山
2014/01/04~2014/01/05
赤岳

2014年一発目は赤岳@八ヶ岳でした。timと2人で登ってきました

初日は曇り気味の天気。ほとんど積雪もなく、トレース有りでスノーシューいらずでした。赤岳山荘から南沢ルートで行者小屋まで歩きます

初日は行者小屋でテント泊。行者小屋、年末年始は限定的に運営しているんですね、知りませんでした。小屋の人に話を聞いたら今年の年始は前日までかなり悪天候だったそうで、私たちはタイミング的にかなりラッキーだったようです

今回のテントはスリーシーズン用のMSR HUBBAのフライだけを使ってみました。フライ+ポールだけだと800gほどなので重量的にはかなり楽ですね

寝具にはExped Downmat 9、Nanga ナノバック540DX(760FP)、ISUKAシュラフカバー。この日の気温は-12℃ぐらいでした。普通に超寒いです。まともに寝れません。しかし死にもしません

無類のUL好きですが、冬山だけは苦労してでも暖かいシュラフ担ぐべきかなと、と毎度思います。しかし新調してません。エクスペディション用のシュラフ高いんですもん

夕飯は白湯鍋。重たい食材を担いだかいありました。美味しかったです

翌日は早朝からピークハント。というよりは、寒くて寝てらんね~って感じで早く動きたくてしょうがなかった。。。

見事に快晴。無事山頂も踏めました

行者小屋から山頂へは地蔵尾根ルート。こちらは山頂へほぼ直上する急斜面で、最短ルート。赤岳展望荘経由で山頂に登ります。赤岳展望荘も冬季営業しているんですね~。2月22日まで営業しているそうです。来年はここに泊まってみたい。下山には文三郎尾根ルート。少し迂回気味の緩めの斜面です

今回の山行を終えて寝具について改めて考察してみました。私がExpedを買った時は7のULシリーズが無かったのですが、いまこのULシリーズがあるので、下記のようなセットアップが一番理想的なのでは、と考えています

Exped Downmat UL 7 サイズS R値5.9 500g
Nanga オーロラ900DX (760FP) 快適使用温度-22℃/使用可能限界温度-37℃ 1550g
総重量 2050g

※R値はマットの暖かさを示す数値

私の現行の組み合わせは下記の通り

Exped Downmat 9 サイズR R値8 1020g
Nanga ナノバック540DX(760FP) 快適使用温度-8℃/使用可能限界温度-16℃ 950g
総重量 1970g

重量差80gでかなり上のランクのシュラフで寝れますね。まぁ値段も2倍近く違いますが、夜は快適な事に越したことはないですよね

10080467325_103ca08723

Climbing Day 230

久々に外岩に行ってきました。場所は小川山。最後に外岩に行ったのが、6月の瑞牆なので3ヶ月ぶりです。夏はクライミングするには暑すぎるので、これからがベストシーズンですね

前日入して廻り目平キャンプ場で一泊。Girl x PolerのTwo Man Tent、愛用しております

*

実はこの日はクライミングというより、渓流釣りがメインでした。禁漁になる前に行こうということで誘われました。釣れるのはイワナです

日の出と共に行動を開始。上流に向かって沢沿いを歩きながら釣りをします。始めての渓流釣りでしたが、とにかく竿や仕掛けが周りの枝などにひっかかって大変でした。釣りをしている時間の半分ぐらいが糸ほどいたり、竿たたんだり、出したりだのの、実際に釣りと関係ない動きしてました

私はほどほどに楽しんで、キャンプサイトの方に戻りました。今年はかなりキノコが沢山生えているようで、この日も良いサイズのベニテングダケをゲットできました。ベニテングダケの実食レポートは後日UPします

*

片さんがイワナを2匹釣ってきたので、これを2人で朝食に頂きました。ほどよいサイズで頭からシッポまで全て食べられて、美味しかったです。淡白な川魚という感じです。骨の部分をカリカリに焼くと美味しいらしいですが、私はそのままパクっと食べました。1匹が子持ちで、そちらも頂きました。味はイクラって感じですね

*

そして午後からクライミング。最初に登ったのが西股沢右岸父岩にある小川山物語(ストーリー) 5.9。28mもあるロングルートです。スラブ(緩い傾斜)の花崗岩らしいルートです。こちらはマスターでオンサイトできました。私ぐらい登っている人であれば(ルート1年)、基本的にこの課題でパンプすることは無いと思いますが、長い上にスラブなので足が痛くなります。しかも何故か外岩用に足にあわない(というかハーフサイズ小さすぎる)ミウラーを履いているのもあって、足指が痛い

*

終了点からの景色。廻り目平キャンプ場と金峰山荘。最高ですね~

*

兄岩に移動して、タジヤンIV 5.10aをRP。最後のピンから終了点まで若干ランアウト気味になるのがしびれます。こちらもオンサイト。次にすぐ横にある三日月のピンクリップ 5.10bにトライ。しかし核心部分で落ちてしまいました。スラブがヘタクソすぎてグレードの割にはやたらと難しく感じてしまいます。ルートはこの程度にして、キャンプサイトに戻りました

キャンプサイトに戻った後は近くのボルダーエリア、くじら岩周辺に移動して少しだけボルダーを。ホワイトノイズ 4級をフラッシュ。クラック沿いにトラバースして、最後にリップにマントルする課題。簡単ですが、マントルがスリリングです。しかもマントルを返す場所の足場は悪くて、超絶落ちたくない感じでしびれます

最後にタートルマントルという課題を触ってみましたが、全く意味不明のまま終了。帰路に向かいます

帰りは清里ライン沿いの名店OWLにて三種類のカレーセット、スパイシ~~♬に旅を締めくくります

*

その他の写真はこちら

Processed with VSCOcam with f2 preset

Namaste India 2013 Day 2

土曜日に続き、訪問。日曜はさらに人が増えてました

*

エリックサウスのウプマ&ワダ、チキン65。ビールがすすみます

*

最終日ということで、いろんな商品がたたき売りされていました。アンビカトレーディングのブースではGits Ready Mealsのレトルトインドカレーが5個で1000YENでした。迷わず購入

*

その他の写真はこちら