2022年06月24日 小川山 YMルーフ 外岩day 36

梅雨が明け、6月にしては異例の猛暑が続いている。この日も東京では35℃超え、小川山でも陽の当たる場所では30℃超え。林のなかの涼しい場所ではなんとか28℃ぐらいに留まった

金峰山荘の駐車場で車を降りるなりいきなりアブに手の甲を刺された。アブの大群に囲まれて大変なことになった

涙岩でアップしつつ、前回登った4級ですらヌメリで苦戦。。。右にある1級をトライするも、これはフリクション系ではないが、ポジションが狭くて離陸できず

犬岩に移動して、虹の入江をトライ!なんとかいけそうなムーブを見つけたが、右足上げに苦戦して、おそらく核心だと思われるキーホールドに届かず!暑さ的にはシーズンMAXだと思うが、ヌメリで苦戦という感じではなかった。どちらかというとムーブが見出せない感じの行き詰まりであった

虹の入江でよれて、野良犬、YMルーフを登る。どちらも普段触らないような課題だが、こんな時だからこそ、こういう課題を触ってみるのもいいなと思った

小川山 YMルーフ

分岐岩エリアに移動して、奥の岩の獅子座流星群のリベンジを図るも、やはり離陸で苦戦。しかし前回より多少マシになってきている。できそうな感触が出てきた

最後に分岐岩のMNP。以前に左手で上部のリップを使う2級バージョンを登っているので、今回はそちらを使わず中間部のポケットだけで登る本来の1級バージョンをトライした。以前はポケットのマッチでよれてしまったが、今回はいいムーブを見つけることができ、ポケットから離陸、リップのガバまで行けたが、勢い余って一瞬止まったが弾かれた。ここでタイムアップで終了。駐車場のリミットの7時が迫ってきたので下山

Leave a Reply

Your email address will not be published.