Defender はじめ

前回は購入にあたっての少し愚痴っぽい投稿になったので今度は実際にDefenderに乗った感想。

まずマニュアルトランスミッションが20年ぶり。最後に運転してたMTは父親のMX-6。アメリカに住んでいた時の16歳の話です。ちなみにアメリカでは免許にMTとATの区別はないので免許とった後はMTの技術は勝手に身につけてね系です。あと免許は教習所ではなく、学校で取得可能です(教習所もある)。ご存知と思いますがアメリカでは16歳から運転できます。ちなみにそのMX-6でスピード出しすぎてカーブで曲がりきれずにクラッシュしたという苦い思いでがあります。しかもその修理から戻ってきた2週間後にガレージへの車庫入れに失敗してサイドをガッツリと凹ませた事を昨日の事のように覚えています。。。

それなりの不安はあったんですが普通に運転できますね。割と自転車のような感覚で、一度覚えてしまえばそう簡単には忘れないようです。ただクラッチが割と重いのとストロークが長いので、最初は筋トレか!と思うほど。今は慣れたのであまり気にならない。慣れって怖いですね。

購入店の話に戻るのですが、納車された時に燃料がもろEmptyになっているんです。しかも納車してくれた方が”燃料がかなり少なくなっているので気をつけてください”って丁寧に助言してくれました。本当にムカついた!しかも練馬の車検場でて東京方面に向かう254、混んでいるんですよ。渋滞しているんです。もうガソリンスタンドまで冷や汗です。。。。なんでこんな思いしなきゃいけないの!!!

とりあえず無事給油までたどり着けました。こんな車ぜったいレギュラーだろうと思っていたのですが後で知ったのですがハイオク車なのですね、、、今はハイオク入れています。

あとはワイパーがすごい不安。これで本当に雨の中走行できるの??

話かわって、僕のDefenderにはサンルーフが付いているのですが、やってしまいました。勝手が分からず、あけた後にどうも閉まりが悪いなぁと思いながら運転しながらガチャガチャやっていたら、、、、まさかの”パリーン”でサンルーフ破壊!!!納車後1日目です。

*

まぁ、伊達にボルダーやっているわけではないのです。指力半端ないですからね、、、、ってなんの自慢にもなんねぇー。

とはいえ天井がないのはまずすぎるので、サンルーフの形状を計測してハンズでアクリル版を加工してもらい、取り付けてみました。

* *

なんとか応急処置はできました。ちなみに、サンルーフはここ(task automotive)で対応品を見つけてオーダーしてみました。 £165.00 なので今の為替でざっと2万円(そのほか送料)。やすー!!アクリル板+加工代金で7000円したのに!!!

まぁ、車が壊れなけりゃ自ら破壊するという素敵カーライフおくっています。しかしまだまだ続きます。

Bouldering Day 33

第33回目 ボルダリング 2011年12月30日
場所 笠間

自然岩4回目。今回もいつもお世話になっている外岩メンバーに僕と見上君でご一緒させてもらいました♬

笠間は小さい範囲で岩がいくつもあり、少しの移動でいろいろな岩(課題)に挑戦することができた。岩自体、はっきりとしたホールドがないものが多いのが特徴的。

やはり外岩のあの感覚、楽しい。乗れているのか?乗れてないのか?下からは乗れてる!いける!っていう声が聞こえても自分ではいまいち信用しきれず、、。結局力に頼ったり、焦ってしまい動きが雑になったり、飛び降りたり。こればっかりは経験をつまないとどうにもならいね。

結局、登れたのもホールドがはっきりしていて、なおかつパワー系の6級のみ。

外岩でみんなでセッションしていると、みんなそれぞれ得意不得意があるのだなぁと。2段の岩登っているからと言って3級が絶対登れるってわけではない、そういう面白さがいい。なんか僕と見上くんが打ち込んでいるところに彼らが登れないとわざとやっているんじゃないかと思ってしまうほど。とは言ってもスケボーでもいくら上手くなっても苦手なトリックはあるしね。なんだか、ところどころにスケートボードに似ている要素があってそれもまた面白い。一つの岩(縁石)で1日セッションしていられる所とかね。

*

Land Rover Defender

12月28日に納車されました。1994 Land Rover Defender 110 SWです。3.5L V8ガソリンエンジンバージョン。走行距離7.3万Km。249万円。

購入はGarage Arrowsより。本当ならばマセラティでお世話になっているG-STYLEさんの所でお願いしたかったのですが、この玉がでているときにGさんに相談したら悪くはないと思うという意見をいただいたのと、年末前までに間に合わせたかったという思いがあったので、こちらで購入。

ただまぁ、Garage Arrowsさんの対応には参ることが多々ありました。まず、11月13日に契約。その時点での納車の約束は1ヶ月後ということでしたので、カレンダー的には12月13日の週ですよね。1週間前になっても連絡がこないので、問い合わせてみるとLand Roverのディーラー点検への入庫が混み合っていて納車が遅れるとの事。1週間遅れの12月20日の週かなぁという曖昧な返事をいただく。また、この時、スタッドレスの注文をお願いしたのです。12月16日付けで注文確定。

納車予定の前日に確認してみると、また遅れると。半分キレ気味に年内は間に合うのかと聞くと、なんとか年内にはという話。まぁ、この時点で全く信用していないのですが。逆に、納車自体されるのかどうか不安になってくる。

そのまま連絡のないまま12月28日を迎える。恐る恐る連絡してみると、これから練馬車検場に向かうとの事。練馬なので、会社(豊島区大塚)から近いので会社に納車してくれと頼むと、時間的に厳しいという返答をいただく。ではどうすれば?という質問に、練馬車検場まで取りにきてくれと。

ということで、練馬車検場まで受け取りに行きました。するとまた新たな驚きが。もろノーマルタイヤです。車の中にもスタッドレス入っていません。話を聞くと、色々いい訳されたあげく”年明けに”という話になり、またもや納期不明。うーん、この季節にスタッドレスないと割と致命的なんですけどねぇ。向こうは”そんな雪道行きます?ある程度ならノーマルでも行けますよ”みたいな事言ってきて、若干いらだち。そういう問題ではないんだけどね。

しかも、スタッドレスの注文をお願いしたときに自分自身でネットで情報検索しているんですよ。価格帯や在庫状況を知りたかったので。とりあえず即納できる販売店はいくらでもありました。まぁ、Garage Arrowsさん的にも仕入れ先が決まっているのかなという思いで多少の値段や納期の違いなどは気にしていませんでした。しかしまさか当日こんなサプライズで返しくれるとはなー。

そして何が一番嫌だったかというと、すべてにおいての連絡が常にこちらからだったという事。新しいお客なんですよ。普通は細かい進捗報告を心がけると思うんですよねぇ。

中古車は車選びではなくてお店選び打という事を身をもって経験!!!いや、以前乗ってたLincoln Navigatorの時もひどい店でした。

だって考えてみてくださいよ。車を売るときって自分がどれだけ丁寧に整備して、どれだけ車が良い状況でも結局値段は年式と走行距離だけで決まるんですよ。同じ年式走行距離で一度も整備点検に出した事がない車と同じ査定金額。残念な事に。とはいっても車にこだわりある人はそうそう車の条件と店と両方で選んでいられないというジレンマもあり。

幸い、G-STYLEさんがDefenderの面倒も見てくれるということで安心しています。

今回はお店の話ばかりになってしまいましたが、これからちょいちょい車の話も書いていきたいと思います。

*