Asagiri Plateau

釈迦ヶ岳登山後、朝霧高原に移動してキャンプしました。スーパーで買い出しして坦々鍋。温まりました。

*

晩飯後にはtimと2人でフォトセッション。ライティングを色々工夫して試行錯誤した結果いい感じの1枚が撮れました。

*

今回の宿セットアップ。テントにGoLiteのShangri-la 3、シュラフはナンガのナノバック540DX(760FP)、写真では見えませんがシュラフの下にEXPED9のダウンマット敷いてます(←使う度に思うけどこれホント最強)。最後にレジャーシート。

*

そんなに冷え込まないかなと思いシュラフカバーは使いませんでしたが、朝起きて温度計を確認したら-4度でした。意外と冷え込むんですね、、。シュラフ、テント共に結露するほどではなかったので良かったです。

衣類は、下はヒートテック+ナンガのダウンパンツ、上はヒートテック+フリース+ユニクロのダウン+腹に貼るホッカイロ、でしたがかなり快適に寝ることができました。

朝は昨日の鍋の残りとソーセージ&エッグス。さすがに朝から担々鍋はなかったは。

*

富士山の麓にある朝霧高原、今回初めてでしたが、いい場所ですね。キャンプサイトも沢山あるし、高原になっているので夜は上を向けば360度の星空が見えます。この日も朝4時ぐらいにトイレにいくために起きましたが雲ひとつ無い夜空だったので極寒のなかしばらく空を眺めていました。目が回りました。

*

同じキャンプサイトに白の110がいましたね。それからキャンプサイトを出たすぐ近くにあるサークルKに立ち寄った帰りに139号で紺の110に遭遇。僕がコンビニから右折で出ようとしていたら、親切にも止まってくれてました。ただ、道が全然混んでいなかったので何故道を譲られたのかは不明です。110LOVEでしょうか。

Defender 燃費

年末に笠間に行った後の燃費。都内走行少々と高速2/3ぐらい。277.76km/58.73lで4.72km/l
年始に山梨に行った後の燃費。都内走行少々、山道少々、高速2/3ぐらい。363.84km/68.91lで5.28km/l

平均5km/lぐらいかな。僕の場合、恐らく年間15,000kmほど走るので3000l必要ですね。リッター145円ぐらいなので、年間435,000円ほどのガソリン代です。

これがもしディーゼルだった場合、恐らく燃費は良くて10km/lで1500l必要。リッター125円として187,500円なのでガソリン車と比べると毎年247,500円の差額があります。

同じ程度の車での比較は難しいと思いますが中古車市場を見ているとディーゼル車は少なくとも+100万(それ以上)ぐらい相場が高いように思います。なのでとりあえず向こう4年は自分の選択肢を納得いかせることができるということになります、、。強引ですが〜。

しかし、2012年ディフェンダーの価格破壊によりこの先中古車市場がどうなるか全く分かりませんが、、、ちなみにこの価格発表は自分が契約した後に発覚した情報なので、なんとも言い難いですね。

Mt. Shakagadake

第32回目登山
2012/01/03
釈迦ヶ岳

メンバー:hc100, tim

海外出張帰りで+7kgのtimと一緒に山梨百名山の釈迦ヶ岳に行って来ました。御坂エリアということで、昔よく行っていたカムイ御坂スキー場の近くで、割と馴染みあるエリア。

登山口である檜峰神社にたどり着くまでには手動のゲートを開けなければいかなかったり、その先も悪路が続いたりで、スタート地点までのアクセスのハードルが高いです。

*

釈迦ヶ岳山頂までは最短ルートで120分(80分+40分)、標高もそんなに高くないので難しくはないです。今回は首からOLYMPUS PENだけぶらさげて手ぶらで登りました。登りには少し迂回してコースタイムが+10分あるルートを選択(70分+20分+40分)。帰りに最短ルートで下山。ほぼコースタイム通りでした。ただGPSを持ち歩かなかったので詳細ルート、総距離、標高差などは今回不明。

*

後から判明したのですが、このルート選択で正解でした。最短ルートは傾斜が強いので恐らく登りで使っていたら大変だったでしょうね。

*

往復3時間半ほどの軽い登山ですが、静かな山で雰囲気良いです。登山口で単独者1人、山頂付近で中年夫婦1組みとしか出会いませんでした。森林の中を歩き、稜線に出ると少しアップダウンがあり、山頂付近では少しだけ岩場がありそれなりに楽しめます。稜線に出た時に見える釈迦ヶ岳の印象ですが、遠目から見るとかなりの急斜に見えて、あれ登るのか?とコースタイムを疑いますが、実際近づくとそうでもなかったです。山頂からの富士山の景色はかなり良いです。

*

もろ逆行でいい写真が撮れませんでしたが、夕陽にあわせて登るとかなり良いかもですね。