mountaineering insurance

先日、山岳保険に加入しました。でもケチだから11月20日から有効。山岳保険もかなり種類が沢山あるみたいです。山岳保険 集成というページが良くまとまっていたので、興味ある人は参考に。その中で、僕はモンベルの山岳保険に入りました。とりあえず迷ったら値段が一番高いヤツで!間違いないっしょ〜。っていうのはウソで。基準としては、どういった活動内容で保険がおりるのかというのと遭難時の救援費用がどこまでカバーされるのかっていう所に重点をおいて選定。とりあえず、今後アイゼン、ピッケルを使っての雪山にもチャレンジしたいのでそれらがカバーされている事、救援費用は最低でも200万はカバーされる事。で、モンベル山岳保険のシンプルプランのF011がそれにあたる。安心プランやスタンダードプランで付加される保険(医療系)については現状で入っている保険でカバーできるので必要ない。海外での山行でも補償されるのも嬉しい。山のパイセンことhugeblocksのnomadくんもこれに入ってたってのもある。実態は富士火災海上なので、なんかそれも訳の分からない安心感に繋がる。ま、保険を使う必要がある状況にならないようにしたい。あくまでも保険は保険。登山計画と準備は慎重に!

新版・日本雪山登山ルート集

このルート集かなり良い!雪山の68コースを掲載。それぞれのルートについての特徴、コースガイド、シーズン毎の積雪量、技術度、体力度が記されている。ルートによって記載量は違うものの、ルート毎に平均して3ページほどの情報がある。それぞれ最後に照会先もあるので必要であれば入山直前の状況も確認できる。本の最後の方には簡単な雪山講座(知識)がある。ただこの辺は初心者の場合は、前回紹介したこちらの本のほうでより深い知識を得ておいたほうが良さそうだ。

雪山登山 (ヤマケイ・テクニカルブック―登山技術全書)

そして、まだ読み途中ではあるが、これも参考になる。というより、読んでいると雪山が怖くなって入山する前から諦めてしまう可能性あり。笑。

雪山100のリスク

なか見!検索があると表紙画像の大きい版がないのかな?「イメージを拡大」ってやつ。

winter mountaineering

いよいよ雪山シーズン到来です。今は日々、知識や体や装備などを整えている状態。登山って実はスケボーとチャリのトレーニングにもなる。登りで使う下腿三頭筋(ふくらはぎ)はスケボーで活躍、下りで使う大腿四頭筋(前太もも)はチャリで活躍。つまり、スケボーしたりチャリ乗ったりするだけでも登山のトレーニングになる!素晴らしい。しかし、何に関しても一番のトレーニングは実践ですが、毎日山に行くことはできないので仕方ありません。
ひとまずこちらの書籍を読破。普段本を読まない上に、知らない言葉が沢山でてきて、眠たくなる。仕事帰りで寝る前に読んでいるってのもあるんだろうけど。。。装備の事から、準備、食事、技術、などについて一通り説明されていて大変勉強になりました。雪山にチャレンジするなら、まずは山岳保険に入っておいた方が良さそうです。捜索願いって国・民間どちらも結構お金かかるんですね。

そして山頂目指す前には様々な技術の練習が必要そうです。知識だけではイザというときに体が動きませんからね。うーん、早く行きたくてしょうがない!

この映像もそうなんですが、書籍にも、こういった実践中にザックをしていない。それってどうなんだろう。実際の登山中には20kgにも及ぶザックを背負っているわけで、少しは身動きの取り方、加速や減速具合が違うと思うんだけどね。段階的にやるのかな?とりあえず無しからやっとけって話ですよね。。。