2021年09月13日 桑川キャンプ場〜早稲沢浜キャンプ場

おはようございます。前回の続きです

ビヴィで一晩過ごした翌朝

ちょうど日の出の少し前に起床。シュラフは夏用のものでしたが軽く羽織る感じで十分な暖かさで気持ちよく寝ることができました

弁天島

朝は素潜りをする予定だったが波が結構あったので断念。簡単な朝食をとって本日の目的地、桧原湖を目指す

上海府小学校

途中に寄った上海府小学校。現在は閉校して廃校となってしまっているがオーシャンビューの凄いロケーション。有効活用しないのはもったいないですね

鷹の巣橋

途中、新潟県岩船郡関川村が面白そうだったので、寄り道。鷹の巣キャンプ場というキャンプ場があったので今後の参考のためにサイトチェック

この吊り橋を渡ってキャンプ場にアクセスできるのだが車も通れるようになっていて車でキャンプ場まで荷物を運ぶこともできるようになっていた

えちごせきかわ観光案内図

ここも近くに川あり山あり温泉ありの良さそうな場所だった

休憩がてら、道の駅いいでで途中下車

道の駅いいでの販売コーナー

もう松茸並んでます!早い!しかし流石にいい値段しますね。立派ではありますが

道の駅いいでの販売コーナー

ヌケオチ、気になる。こちらも結構いい値段をしたので今回はパス

あけび

立派なあけびがあったので購入。山系のYouTuberがよく山中でもぎ取って食べているのは見たことはあったが、ここまで立派なのは見たことがない。味は、タピオカだね、と言ったらTIMも同じことを思ったと。芋っぽいフルーツっぽい味

途中、米沢を通過する際ちょうど昼時だったので何か食べて行こうという事に。調べてみると鯉が名物みたいなので鯉料理を食べに

鯉の六十里
広めの座敷個室
生簀から鯉を取り出す様子

鯉は注文が入ってから生簀から取り出していた。特に鯉の”洗い”は鮮度が重要なようです

鯉せんべい、鯉フレーク、鯉ボーン

鯉ボーンはとろけるような柔らかさだった

鯉の洗い、鯉の刺身
鯉丼

全く臭みを感じず、淡白な白身といった感じでしたね。ちょっとブニュとしてたので個人的には外側がカリッとしてたらより好みかも。鯉自体はバングラデシュ料理のドイ・マーチでたまに食べるんですがあれは凄い濃い味付け(マスタード)で鯉は完全に媒体化していますからね

米沢と言ったら米沢牛。ここで米沢牛を買って行かない訳には行かないということで、今夜のBBQ食材用の肉を買う

米沢牛黄木

その他食材なども、米沢市のスーパーで調達して目的地へ

キャンプ場付近で風呂があるかどうか不明だったので途中の道なりにある温泉街でお風呂に入って行くことに。何しろコロナ渦なので、お風呂のような場所は営業が制限されているケースも考えられるため、行けるところで行っておくスタイルで

白布温泉 中屋別館不動閣の休憩室にて
露天風呂

大浴場と露天風呂があり、露天風呂は下に小川が流れており、左奥を覗くと滝が見える素敵な露天風呂でした

この白布温泉街、1964年の東京オリンピックと関わりがあるようで、この東京2020が開催された年に訪れたのも何かの縁かも知れません

山形県を通過する際には山形県庁のバルコニーに聖火台が据え付けられ、点火式が行われました。その時の聖火台が当地白布温泉から石を切り出して制作されたものです

https://www.fudokaku.com/onsen
早稲沢浜キャンプ場

本日の目的地の桧原湖に到着。毎度思う事なんだが福島は寒い!桧原湖も、新潟と比べると5〜6度ぐらい気温差があるように感じた

到着してしばらくはチルタイム。平日だったのでお互いメールをチェックしたり電話をしたりしていたらあっという間に外は真っ暗

米沢牛サーロイン 300g

今回の旅最大の贅沢、米沢牛のサーロイン。包丁を入れるとバターみたいに切れる柔らかさ。スキレットで丁寧に焼いて頂きました

2人でシェアしましたが私達おじさんは脂っこいお肉はお互い150gで十分だね、という話に

夜の桧原湖

夜は相当冷え込んで、6度。夏のシュラフしか持ってこなかったので、今夜はテント泊の予定を変更して車中泊にしました

おやすみ、ではまた明日

2021年09月12 清津峡〜秋山郷〜桑川キャンプ場

友人のTIMと一緒にロードトリップに。11月の五色沼キャンプぶりでした

旅の初日はまず新潟県十日町市の日本三大渓谷「清津峡」へ。入り口から長いトンネルへ入り、途中で3箇所ほど映えスポットになっている脇道がある。脇道は、トンネル途中から渓谷を眺められるような形になっている

清津峡トンネルの第一ポイント

1kほど歩くとトンネルの反対側に到着。薄く水の張ってある台があり、その上を通ってさらに奥まで行けるようになっている。背景に渓谷が見え、下は水面が鏡面になるような写真が撮れる映えスポットだが訪れたのが日曜日だったのでなかなかタイミングが取れず

清津峡トンネル終端

端まで歩くとこのような感じで渓谷が見える

清津峡

この写真の川の左側を見ると分かるが、トンネル以外にもトレイルで清津峡を巡ることもできるみたい。ただ、今現在はトレイルが閉鎖されてた

清津峡を後にして、近くに良さげな橋があったので、その橋がある秋山郷に移動

見倉橋

秋山郷の見倉橋、最大荷重500kgの小さな吊り橋。日曜にも関わらず人がいなくて景色も素晴らしい。紅葉シーズンはもっと賑わっているのかも知れないが。下の川も遊べそうな感じできっと夏はローカルの若者の遊び場になってに違いない。おじさんも夏シーズンに来て飛び込みとかしたい

見倉橋から見下ろす

秋山郷は他にも魅力的な場所がたくさんあるようで、今度ゆっくり回ってみたいと思う

日が暮れる前に本日のキャンプサイトとなる桑川キャンプ場に向かう

早稲沢浜キャンプ場

新潟県の村上市より少し北の日本海沿いに位置するキャンプ場?と言っていいのか分からないが、特別管理人がいるわけでもなく市か県営のキャンプ場っぽくてかなりフリーダムな感じだった。近辺のキャンプサイトをいくつか見たが、どこも似たような感じで、特別キャンプ場というより、キャンプしても良い浜辺といったところ。サイトを確保する必要も無さそうだったので適当に夕日を撮影してお風呂探しへ

日本海側に来たら夕陽を楽しまないとですね

桑川キャンプ場から車で15分ほどのところに温泉町を発見。ここにある松風荘で日帰り入浴をしたが400円と破格であった

新潟県村上市瀬波温泉

お風呂のあとはキャンプサイトに戻り夕飯。夜ご飯の前に、ゲリラ豪雨が発生したので車で待機して、雨が止んだタイミングでBBQ開始。かなりの強風だったので適当に洗い場の壁の後ろでBBQした

早稲沢浜キャンプ場にてBBQ

夜はもう雨は降らない予報だったのでビーチでシンプルにビヴィサックで寝ることに

ビヴィサックで寝る

おやすみなさい。次の日に続く

Hennessy Hammock Whoopie Sling

ハンモックテントのヘネシーハンモックをより軽量なハイパーライトモデルに変更して、設営を素早くするためにウッピースリング化したのでそのレポートです

Untitled

ヘネシーハンモックのサイトから重量の差はスペック値から確認できるのですが、大きさがどれぐらい違うのか感覚的につかみづらいのですが実物が届いて驚きました。ほぼ半分ぐらいのサイズになっています

Untitled

重量については公表値700gより若干重い773gでした

ハンモックの設営に関してですが、多くの人がラッペルリングを使っているかと思います。これはこれで設営が楽なのですが、ラッペルリングが合計4個必要なので重量も増え、かさばります。何よりパッキングの際にテントサイトでガチャガチャ言うのが個人的にはあまり好きではありません

Untitled

今回このラッペルリングを必要とせずに、しかもより簡単に設営が可能となるWhoopie Sling (ウッピースリング)を使います

海外の情報は割とたくさんあるのですが、日本での情報はあまり見つかりませんでした。といより、見つかりませんでした

Whoopie Slingは、ハンモックの設営(サスペンション)が楽になるように作られたスリング(リング状の紐)です。ヘネシーハンモックに特化しているものではないのでハンモック一般に使えます。ENOなどに取り付ける方法なども本家が紹介しています

紐の片方の端が固定ループになっており、もう片方が可変式(自在)になっています。これ、単なる紐なので、別にWhoopie Slingを買わなくても自作できます。作り方については海外の動画がたくさんあります

私も、時間に余裕がある時に作ってみたいのですが、とりあえず今回はWhoopie Slingを購入しました

ヘネシーハンモックの旧タイプ(下右)は終端に2つ穴があり、それに結ばれている形になっています。新しいものは(下左)、終端にループがついています。大体のハンモックが後者の構造ですね

Untitled

既存のロープをほどき、Whoopie Slingに変更します。固定ループの方を使い、まずヘネシーハンモックの終端のループに2回まわして、固定ループの中に通して縛ります。2回まわさなくても良さそうですが、既存のロープがそのような縛り方になっていたので、真似しています

Untitled

作業はこれだけです。あとは、可変式のループをカラビナなり、トグルに引っ掛けるなりして、普通の自在結びのようにループを大きくしたり小さくしたりして、ハンモックのテンションを調整します

Untitled

試しに近所の公園で設営してみましたが2分もかからず。ラッペルリングに通す作業もなくカラビナにループを通すだけなので簡単で早いです

フライも設置した場合。軽さ以外はほぼエクスペディションと変わりないですね

Untitled

ラッペルリングもなくなり、カラビナもより軽いCAMP Nano 22に変更して、木の周りに設置するストラップも細くなり、総重量はほぼ半分ぐらいになったと思います。軽さは正義です!

以上です。ヘネシーでなくても、ハンモックを使っている方は一度検討してみてはいかがでしょうか