2021年12月09日 瑞牆ボルダー

前日の雪で多くの岩が登れない状態に。今日は気温も高く、雪がどんどん溶け始めてきてしまって状態としてはあまりよくない。あかね雲の岩が大丈夫そうだったので、マントルの雪だけ除いて、再登

あかね雲

タグさんお目当てのカラクリはてっぺんが濡れていて全然駄目な様子

自分は夜岩に移動して、瑞牆レイバックをレイバックしないバージョンを再登。WIDE BOYZの新しいクラックグローブを試してみた。厚みもありフィット感はとても良い。テーピングには敵わないが、手頃にクラックを登れる。厚みが結構あるように感じたので少しは慣れが必要。かかっている感覚が掴みにくい

夜岩

前の方が上を除雪してくれていたが、いざ登ると濡れ濡れで最悪だったw 降りるわけにはいかないので気合でなんとかトップアウト

皇帝岩に移動。ブラックエンペラーを登るも、後に”左カンテは使わない”という限定があることを知る。スタートからは直上で、そこから右にそれるラインのようだ

ブラックエンペラー

小くじら岩に移動してジュゴンに調整。なんと左のガバへのデッドが止まるようになっていた。しかし、止まったところからしっかりムーブを固めておらず、落下。二度ほどいい感じに止まったが完登には至らなかった