カテゴリー
diary

Robot Restaurant

行って来ました、ロボットレストラン

*
*
*

1週間先から予約ができるという事だったので、余裕をもって1週間先の予約をしておきました。予約が早かったおかげなのか、最前列のもっともステージに近いとても良い席で観覧することができました

観客には外人が目立ちましたね。やはりこの手のものは彼ら好きでしょう。かく言う私もtimと一緒に行って来ました。2人して終始大盛り上がり。とにかく意味の分からないディスプレイの映像、ハチャメチャな演出、思い浮かんだ”派手なモノ”全部詰め込みました感が凄かった

もし今度東京観光にくる人がいたら私がオススメする最もHOTな場所ですね

ショーの内容や映像はネットで検索すれば出てくるので割愛しますが、気になる経営について少し考察

ステージとランウェイ的なものが会場の真ん中にあり、その両サイドに45席づつあります。なので全席90席。1人4,000円なので1公演360,000円ですね。ちなみに利用料金にはお弁当&お茶が付いていますが、アルコールやソフトドリンクは別会計。ショーが始まる前に購入できます。アルコール類は350ml缶350円。ソフトドリンク類は200円

ドリンク類ではほとんど利益ないでしょうから無視するとして、1日3公演あるので1日の売上は1,080,000円ですね。ここからスタッフ・ダンサーの給料、光熱費、家賃、他経費を差し引くとどれぐらい利益があるんでしょうかね。ちなみにダンサーは15人ぐらい。ホールスタッフは10人ぐらいでしょうか。給料についてはこちら

仮に利益108万円で超ざっくり計算しても総工費100億円(これもネタでしょうけど)に到達するまで1万日かかりますよ。27年ですよ

しかも金曜の夜22:00のショーを予約して行ったのですが、21:20頃に現地についた時点でもまだ飛び込み入場できる状態でした

行くなら今ですよ。おそらく来年には潰れてます

「ここで好きなダンサーの名前を覚えて、次の幕から名前を呼ぶのが良い」との事。映像が古くて私の推しメンのクレアがいないです

カテゴリー
diary

stim “√20 feat. 田我流” MV

かっこいい

√(平方根=root)とrouteをかけて国道20号線なのかな

カテゴリー
gourmet

Kiwami Night

*

先週に引き続き、またもやデリーミッドタウン店へ

今回は「日本人によるインド料理の”極み”」〜スペインバールの小皿スタイルで〜というイベント

参加シェフはアンジュナの藤井氏、タンドールの塚本氏、シバの柴崎氏

どのお店も行きたいと思っていたお店なのでこの日をかなり楽しみにしていました。特にタンドールの塚本氏の料理は前々から気になっていました

私はグルメでもなんでもないので料理の味どうこうについては書きませんが、というより書けませんが、とりあえずどの料理も美味しくて感動しました。特に最初の前菜的なものは普段カレー屋で食べれるものではないので、こういったアレンジが可能なんだ、というのが新鮮ですごく勉強になりましたね。簡単そうなものはキャンプやBBQ用のレシピとしてパクりたいです

*
*
*
*
*
*

とにかく料理のボリュームが凄くて。。。中盤のラッサムが出てきた辺りで既に満腹

*

ラッサムって南インドのスープ、日本でいう味噌汁的な説明がよくされますが、それよりもっと広義な気がします。ほんと作る人によって味が全然違う。中には同じ店でも日によって味が違う的な。笑

私はラッサムはそのまま飲むというよりライスにかけて混ぜあわせて食べたり、サンバルやヨーグルトを付け足したりとアレンジして食べるのが好きなので、正直ラッサムをストレートに3杯はお腹の容量的にきつかった。もちろんどれも美味しくてスプーンがとまらないんですが

そしてメインのカレー

*
*

最後はスイーツで〆

*

オペレーションはアレでしたが、こんな素敵なイベントを開催していただいているので文句はないですよね

1月の2、8、15と立て続けに行われたデリーでのイベントですが、当初からLOVE INDIAのサブイベントとして開催、とされていましたが最近のブログでデリーの社長が告知されているようにデリーミッドタウン店が一旦閉店、ミッドタウン店内で移転というのも発端の一つのようです

また本日1月17日から閉店の1月20日まではカレー(7種)の食べ放題 1,000円イベントが開催されているのでミッドタウンお近くの方は行ってみてはどうでしょう

デリーのまわしものでも何でもないのですが