タグ別アーカイブ: tinywhoop

Drone Impact Challenge 2017

ドローンレース2回目は横浜赤レンガ倉庫イベント広場で行われたDrone Impact Challenge 2017

今回は2位でフィニッシュすることが出来ました👏👏👏👏

予選のタイムアタックでは1位で通過することができ、機体の速さに限って言えば会場で一番ではなかったでしょうか

前回のメーカーフェアでのレースは無改造Inductrixしばりでしたが今回レギュレーション内であれば機体を自由に組めるということで、自分の機体構成がどれだけ通用するか確認できるいい機会でした

TinyWhoopは5インチと違って出力が限られているので、機体の軽量化がかなり影響してきます。機体も20g程度なので0.1gでもそれなりに差が出ます

というわけで今回はバッテリー込みの全重量24.5gになる機体で参加しました

トラックレイアウトが長いオーバルを周回するだけの単純なコースだったのでトップスピードが出るように2枚羽を選択

カメラ角度は30度に調整。TinyWhoopに装着する小型のFPVカメラはかなり広角(1.8mm相当)なので、普段は10度です。今回DVRでペラの写り込みもありません笑

アクロモードで飛ばし、大会中はMAX80〜90%ぐらいのスロットルでした。フルスロットルであれより速く飛んだかどうかは怪しいところですが

決勝戦のスタートでは、フライングを避けたくて遅めにスタートしたつもりが、何故か決勝相手のMさん、Yさんも遅めのスタート、、、

結局スタートから先頭に出れたので、逃げきるのに必死でかなり全開で飛ばしましたが残念ながらクラッシュしてしまいましたーーー!自爆オツ💥

Yさんもクラッシュしたようで、Mさんが優勝。結果2位となりました✨

予選と決勝のDVRです

レースの内容は以上ですが、今回大会の運営に当たってかなりハテナ???なところが多かったです

進行が遅れて7時開始の選手受付が全く始まる気配なく、そのまま何の説明もなく大会自体が1時間半ほど押した状態でスタート

TinyWhoop戦では1レース目で機材トラブルか何かでかなりグダグダ。これには1レース目のパイロットさん達はかなり消耗してしまったのではないでしょうか

エントリー当初から気になっていたタイム計測。ポンダーを付けなくていいとのことだったので、TeamBlackSheepのレーストラッカーのようなVTX周波数でトラッキングするシステムでも用意されるものかと考えていました

が!実際にはスタッフがFPVモニター越しに目視計測するという超アナログな仕組みでした。これ、どうなんでしょうね

予選結果とか貼り出された訳ではないのですが、予選通過基準の3位と4位で僅差だったらいい気持ちではないですよね?

計測するシステムがないならタイムアタックではなく勝ち抜き方式の方が良いのでは。せめて目視確認も1機体に2人付けて、起こりうる人的ミスや誤差を軽減して欲しい

タイムアタックは2回行えるというスケジュールでしたが、何故か1回だけで終わりました。これ、どこかで変更のお知らせの放送があったのですかね?2回あるという前提で戦術を練って来ている訳で。。。

1回目のタイムアタックが終わっていきなり決勝戦で呼び出されたので焦りましたよー💦

他にも言いたいことがたくさんあるけど書くのがだるくなったのでここで終わります!!!

あ、最後に一つだけ。今回も沢山の初めましてな人たちに暖かく受け入れてもらい選手ピットでは和気藹々、楽しくすごくことができたことに感謝です

何人か話かけようと思いながらタイミングを逃して話せなかった方達もいるので、次のレースではよろしくお願いします

次にでるレースはJDL Round6 in 佐野!まさかの5インチんこです🍆💥

Maker Faire Tokyo 2017 FPV Drone Race

初めてドローンレースに出てみました

私が最近超ハマっているTinyWhoopという小さい機体でのドローンレースが開催されるという事でエントリーしてみました

TinyWhoopは日本でも最近盛り上がり始めてきていて、国内でもチラホラとレースが開催されているようです

今回は東京ビッグサイトで開催中のメーカーフェアーというイベントの中での開催

エントリーには、レース中のラップタイムを計測するためのトランスポンダーの購入が必要
これはレースの詳細ページに商品が指定されていたのでそちらを購入

1.1gほどの軽量なものですが、全体の重量がわずか25g程度のTinyWhoopからすると1gはかなりの重量増し

これにより機体の俊敏性が失われる他、トランスポンダーにより貴重な電力も奪われるので飛行時間も短くなる印象でした

レースに出る機体はBlade Inductrix FPVの無改造状態と限定されていたので、条件は全ての選手で同じなわけですけどね

そんなわけでレース当日。スケジュールは普段のレースより余裕がある時間割になっているという事でしたが、実際に進行はスムーズに行われ、各ラウンドの間でも空き時間があるほどでした

出場選手は8名。最初に2名1組で予選のタイムアタックを行います。5分の間に何周しても良くて、その中からベストタイムが準決勝の進出基準になります。この予選タイムアタックは各組3回行います

5分間設けられていますがバッテリーの関係で実際には3分ほどしか飛べなかったです

私は、最初のタイムラップでベストが20.613秒でした。自分的にはそこそこ上手く周回出来たつもりでしたが、後からDVRを見たらダメダメでしたね。意識はしていなかったのですが潜在的な緊張感とかがあったのかも知れません

予選1回目が終わった時に1位と2位の発表がありました。1位はDさん、16.6秒、2位は一緒にエントリーした友人のタグさん

1位とタイム差が4秒もあるー!と焦った自分、予選2回目はプッシュして行こうと思って挑んだところ、1週も出来ずにクラッシュしてしまいました。TinyWhoopだと大体のクラッシュでもリカバリーできるのですが、不運にも逆さまに着地。。。。

予選3回目で何とか本領発揮が出来て、ベストラップ16.902。Dさんはナント14.883!

タイムアタック時についてですが、複数ラウンドがある場合は各ラウンドでの各ラップタイムを確認した方が良いですね。どの辺りでベストラップが出ているのか自分で確認しておくと良い。私はバッテリーの状態がいい最初のラップに高タイムのチャンスがあると思い、予選2ラウンドでスタートからダッシュしましたが、DVRを振り返って見るとそうでもない。むしろ2ラップ目辺りからベストが出ている
これからは普段の練習でもタイム計測をする事も重要

Dさんはそのままシードで決勝進出。2〜5位で2名1組になり準決勝。準決勝は1本勝負、先に4週した方が勝利
私とタグさん二人とも無事決勝進出!チームBANCHOFPVで決勝戦

決勝戦はポイント制。5週して着順にスコアが割り当てられる。5週出来ない場合はノーポイント。これを3ラウンド行います

私とタグさんが五分五分、問題はDさん。諦めるわけではないけど、意識はしてしまう

決勝1ラウンド目、スタート直後にDさんのトラブル?がMCから耳に入ってくる

ヨシ!ここは一位を抑えたいと意気込むもののかなりタグさんと接戦ww その後タグさんがクラッシュしたので最終的には落ち着いて5週を消化して1着をゲット

決勝2ラウンド目、何が起きたのか分からないけど、終始先頭でした👍

決勝3ラウンド目、クソみたいなバッテリーに当たって4周目でバッテリー切れ。。。不服です!!笑

決勝の3バッテリー目に限らず、大会中に機体反応のバラツキを感じたのでこれはバッテリーの個体差によるものだったのかも知れません。バッテリーについては特に何も考えずにbanggoodで揃えたものを使っていたのですが、考えて見れば無改造状態で差をつけられるのはバッテリーのみ。ここはちゃんと予め調査、選択をした方が良かったですね

そんなわけで、1着、1着、DNFで結果的に優勝することが出来ました㊗️

今回のコースのレイアウトですが、ゲートも大きく簡単なレイアウトだったという印象。その中で、みんなが同じ機体(条件)で飛ぶのでいかに丁寧にコース取り、操縦するかがタイムに繋がったところが面白かったです

奥の大きなオレンジの4つ足のゲート付近、ここ空調の風がかなり吹き込んできてきつかった。。。それも一定ではないのである時とない時があり、屋内とはいえこういう障害があるのだなぁと。屋外だと尚更、出走順で風の影響が違うので本当にいろんな要素が勝敗に影響する事を実感

今回のInductrix無改造レギュレーションについて。開催側の意図としては底辺の底上げのためにはこういった既製品で競う場面を作って、初心者にも入りやすいようにしたいという事でした。今回Inductrixとは別にJumper X73というクラスもありましたが、あれは見た感じ駄作ですね、、このクラスで優勝した方もX73は、、、って感じで話していました笑

レース開催中の選手ピットの状況ですが、みんな和気藹々としていました。初参戦でしたがアウェイ感なく、皆さん話しかけてくれて楽しくレースに参加することが出来ました☺️

次は赤レンガ倉庫でのDrone Impact Challengeです!!これについては機体のセレクションなど今度まとめたいと思います

最後になりますが、" Inductrix " ですよ〜💦

Untitled

ダラダラと予選のタイムアタックから決勝ラウンドまでのDVRを繋げただけだの動画です。説明欄に個別リンクが入れてあります

TinyWhoopカスタム フレームを染める

昔スノーボードのゴーグルをカスタムするのに染め剤を使っていた事を思い出してTinyWhoopのフレームでも試してみました

その時は確か染めQ的なものを使っていた気がするのですが、探してみると今は染めQはスプレータイプのものしかなく浸けるタイプのものが見当たらず

ネットで検索したら良さげな染め剤があったのでこちらのブログを参考にさせて頂きました

プラスチックを染めてみよう -樹脂着色用染料「SDN」を利用した染色実験-

浸け用に使ったのはこちらの寸胴鍋。上の方はビーカーを使っていますね

大きな鍋でやると必要な染め剤が増えるので、収まりのいいものを選ぶのがポイントです

Untitled

だいたい300mlぐらいでフレーム全体が綺麗に被さります

使用方法には水で1:20で希薄するように書いてあるのですが、参考ブログの通り、濃度によって色の仕上がりが変わるようなので、自分は1:10で試して見ました(実際には徐々に濃いめにしてこの値に落ち着きました)

Untitled

使用方法に、プラッチックの種類毎に設定温度と時間が書いてあります。TinyWhoopのフレームがどれに該当するか分からなかったので、ひとまず低い温度設定でやって見ました。50〜60度付近で3分程度。しかしあまり色付きがよくありません。そのまま少し長めに浸けて見ましたが、やはり色付きがあまり良くないような気がしたので高めの温度設定にしたところ色付きが良くなりました。どれも90度付近です

Untitled

Untitled

黄 10分

Untitled

黄 19分

Untitled

紫 8分

Untitled

紫 15分

Untitled

黒 11分

Untitled

黒 19分

Untitled

桃 13分

Untitled

桃 23分

Untitled

5色比較

Untitled

どうでしょうか?写真を見返すと、あまり浸けている時間は関係ないようにみえますね

ソリッドな感じにはならず、半透明な感じになります。重さは0.1g〜0.2gほど増しました

Untitled

Untitled

染め剤はペットボトルなどに入れて保管すれば再利用が可能なようです。あまり沸騰温度近くで行うとその度に量が減ってしまいますが、、。

みなさんのカスタムの参考になれば幸いです