タグ別アーカイブ: camp

Hennessy Hammock Whoopie Sling

ハンモックテントのヘネシーハンモックをより軽量なハイパーライトモデルに変更して、設営を素早くするためにウッピースリング化したのでそのレポートです

Untitled

ヘネシーハンモックのサイトから重量の差はスペック値から確認できるのですが、大きさがどれぐらい違うのか感覚的につかみづらいのですが実物が届いて驚きました。ほぼ半分ぐらいのサイズになっています

Untitled

重量については公表値700gより若干重い773gでした

ハンモックの設営に関してですが、多くの人がラッペルリングを使っているかと思います。これはこれで設営が楽なのですが、ラッペルリングが合計4個必要なので重量も増え、かさばります。何よりパッキングの際にテントサイトでガチャガチャ言うのが個人的にはあまり好きではありません

Untitled

今回このラッペルリングを必要とせずに、しかもより簡単に設営が可能となるWhoopie Sling (ウッピースリング)を使います

海外の情報は割とたくさんあるのですが、日本での情報はあまり見つかりませんでした。といより、見つかりませんでした

Whoopie Slingは、ハンモックの設営(サスペンション)が楽になるように作られたスリング(リング状の紐)です。ヘネシーハンモックに特化しているものではないのでハンモック一般に使えます。ENOなどに取り付ける方法なども本家が紹介しています

紐の片方の端が固定ループになっており、もう片方が可変式(自在)になっています。これ、単なる紐なので、別にWhoopie Slingを買わなくても自作できます。作り方については海外の動画がたくさんあります

私も、時間に余裕がある時に作ってみたいのですが、とりあえず今回はWhoopie Slingを購入しました

ヘネシーハンモックの旧タイプ(下右)は終端に2つ穴があり、それに結ばれている形になっています。新しいものは(下左)、終端にループがついています。大体のハンモックが後者の構造ですね

Untitled

既存のロープをほどき、Whoopie Slingに変更します。固定ループの方を使い、まずヘネシーハンモックの終端のループに2回まわして、固定ループの中に通して縛ります。2回まわさなくても良さそうですが、既存のロープがそのような縛り方になっていたので、真似しています

Untitled

作業はこれだけです。あとは、可変式のループをカラビナなり、トグルに引っ掛けるなりして、普通の自在結びのようにループを大きくしたり小さくしたりして、ハンモックのテンションを調整します

Untitled

試しに近所の公園で設営してみましたが2分もかからず。ラッペルリングに通す作業もなくカラビナにループを通すだけなので簡単で早いです

フライも設置した場合。軽さ以外はほぼエクスペディションと変わりないですね

Untitled

ラッペルリングもなくなり、カラビナもより軽いCAMP Nano 22に変更して、木の周りに設置するストラップも細くなり、総重量はほぼ半分ぐらいになったと思います。軽さは正義です!

以上です。ヘネシーでなくても、ハンモックを使っている方は一度検討してみてはいかがでしょうか

Tatara Beach Day Camp

先週末の日曜日に大房岬に行こうと思ったのですが前日のキャンパーのチェックアウト等でキャンプ場が混雑しているのでデイキャンプできないとの事でした

仕方がないのですぐ近くの多田良北浜海岸キャンプ場でデイキャンプしました

*

風が強くてタープの設置に苦戦!! しかし横にいたキャンパー達が使っているドーム型のテント、ビクともしてませんでした。colemanのパーティーシェード

最近の海ではこの手のドーム型のテントや、四角いテントを良く見かけますね。昔は野外のイベント会場とかでしか見なかったような気がするのですが、今は海いけばみんなテント、ドーム等のシェードを広げていますね。ちなみに私はタープ派です

今回はtimがダッチオーブンを持ってきてくれたのですが、これが大活躍。色々と料理してみました

まず私が仕込んだタンドリーチキン。柔らかく仕上がっていました。しかしダッチオーブンは水分を逃がさないので、オーブン下に少し水が貯まりました。次回は串に挿してオーブンの中で浮くようにしてみたいと思います。そうすればまさにタンドール状態。ただし炭火の香りはつかないですが

*

次に野菜盛りの蒸し焼き。野菜を適当にきって放り込んで後は塩胡椒しただけですが、旨みがでて美味しかった。野菜も相当柔らかくなり、たまねぎも口の中でとろける状態

*

最後にブラウニー。焼きたて熱々の柔らかいブラウニー、最高でした。アメリカのBBQを味わえました

*

今回使ったダッチオーブンはこちら LODGE 4 Quart Camp Dutch Oven

Lodgeはアメリカの老舗メーカー。古くから鋳鉄台所用具を製造し、未だ存在している数少ない企業の一つです。創業から現在までもロッヂ家が経営。現行製品の多くが、テネシー州にある鋳造所で製作されています。懐が許すのであれば是非こちらのダッチオーブンをお勧めます

そうでなければ、同サイズでLOGOSからお手頃価格のものも出ていますね

そして実際の調理についてですが、現場で炊事炉なんかがあれば良いのですが、ない場合は野外用のコンロなどがお手軽だし火力調整もできて便利です

Nagano Camp

*

啓二郎と一緒に、彼の地元近くのキャンプ場でキャンプ

訪れるのはほとんど地元住民という超ローカルな場所ですが、近くに小さな川が流れていたり、雰囲気の良いキャンプ場でした

*

*

今年初の花火。そして最後かな?

子供たちは夜中に耐久レース。寝る直前まで走り続けてました。おかげで寝るタイミングで汗だくで最悪でしたけどね

大人はキャンプ場にあった岩の飛び越え大会。少し厳しいか