hc100 のすべての投稿

Raceflight One OSDとRunCam Splitを使ってみた

今までOSDはRunCam Swift2に内臓されている電圧表示だけを頼りにしていました

それすら無くてもいいかなと思っているのですが不意に古いバッテリー差し込んで過放電してしまうよりかはいいですね

今回は新しく発売されたRunCam Splitを使いたいと思いまして。これにはOSD機能が無いので別途OSDを加える必要が出てきたので、その際に得た情報などを共有したいと思います

設定したのは2機。1つはMinimOSDを使い、他はFuriousFPVのPiggy OSDを使いました

どちらのOSDチップを使う場合にもRaceflight用のファームウェアでフラッシュする必要があります

FuriousFPVのPiggy OSDに関してはfor Raceflightなんて謳っていますが関係ないです。フラッシュが必要です

RaceflightのSlackグループの#osdtestersのチャンネルにピンされているrfosd_001.hexを使います

ファームウェアのフラッシュにはUSBtoシリアル変換ケーブルが必要

Raceflight OSD

実際のアプリのフラッシュにはWindowsの場合はXloaderというアプリで行えます

Raceflight OSD

MacにもHexUploaderというアプリがあります。XloaderもHexUploaderもArduino開発環境に含まれるavrdudeコマンドのラッパーなので、avrdudeで直接書き込みも可能だと思います。。。。汗

このファームウェアはこれで最終バージョンです。以後のOSD関連のアップデートはフライトコントローラー側で対応できるとの事

後はそれぞれの配線図にしたがって取り付けますが、Revolt FCでOSDに使えるUARTはTX1, TX3, TX4のいずれかになります。私はTX4を使いました

加えて、RFのTX4とNORのパッドをショートされる必要があります

その上でコンフィギュレーターでOSD用のポートを指定します。コマンドラインで下記を実行

set telem_rfosd=4
save

4の部分は使うポートに合わせて変更してください

OSD機能はまだ実用段階では無く、あくまでもProof Of Concept(概念実証)です

参考までに、RunCam SplitからのHD映像にDVRのOSDの様子をのせた映像になります

ちなみにバッテリはー通常の4Sリポです。HVじゃないです。17vとか出ててぁゃιぃ笑

備忘録。電流の部分、消せるかどうかはわからないですが、とりあえず下記のコマンドで0にできるみたいです

set adc_current_factor=0
save

キャリブレートする場合は下記のような形でできるとの事
このあたり、自分はまだ詳しくないので調査が必要

set adc_current_factor=34.200
save

この日は時間が無く、夕暮れ前に数本飛ばせる程度だったので、今度RunCam Splitの映像について検証してみたいと思います

今回のテスト飛行でいくつか気になったところ

・HD映像の方にモーターとペラがかなり写り込んでいる。これについてはマウントを少し前にずらしてみた。ただしあまり出しすぎると今度はペラにぶつかってしまうので限界がある。加えて、今回の映像はカメラ角度30度だけどもう少しスピードをあげたいので今度は40度を試してみたい

ちなみにマウント類はこちらで公開しています

FLOSS RunCam Split Mount 25 to 70 deg

・音声の風の音。これはマイクの周りにフォームをかぶせると良くなるらしい

・画質。画面端の歪みや全体的な写りについての改善。初期のSplitユーザはGoProレンズに交換などをしているみたいだけど、先ほどRunCamのサイトをみたらGoProクオリティのレンズに+$3で変更できるオプションが追加されていた

・SDカードのスロットが墜落などでゆるくなりがち?NO CARDとか出るときがたまにあった

・急に映像がすごい遅延することがあった。フライト中に起きることはなかった。電源の抜き差しで直る

FLOSSフレームでGoPro無しだとバッテリー含んだ重量が410gと普段使っているカメレオン+GoProの600gとはかなり差がある

感覚的にはU199に近い浮遊感

電圧の低下も少なく、フライトタイムも長くなるのでレースの練習だけに使うのは勿体無い気がしてきた

Raceflight One コンフィギュレータ 雑談

Raceflight Oneのコンフィギュレータのローカライズをしました
既に開発チームには提出していて、リリース時には統合されると思います

現段階のRF1コンフィギュレータはかなり簡素で特に難しい言葉が含まれている訳では無いので英語版でも苦労することはないと思いますが、今後拡張されてヘルプなどの文章が追加された場合には役に立つことができるかも知れません。笑

既にBetaflightなどを使っている人達には英語的には全く問題無いと思いますが、Raceflightのコンフィギュレータはかなりユーザーフレンドリーでこれからドローンを始めたいと思っている人達にとっては素晴らしいアプリだと思います。もちろんまだまだ改善の余地はあると思いますが

自分が始めた時はBetaflightはかなり使いづらかったです。やりたい事もその都度ネットで調べないといけなかったですし、今でも新しいドローンを設定する時にやらないといけないことが多すぎると感じています

Raceflight Oneのアプリはウィザード式になっていて、流れに沿って作業するだけで設定がすぐに終わります

簡単にですが流れを説明します(2017年7月5日現在ベータ299の場合)

起動画面

Raceflight One Configurator 日本語化

Raceflight One Configurator 日本語化

これはPID設定に関わることですがレースの場合はRC Smoothingが1、フリースタイルの場合はRC Smoothingが35になります。つまり、スティック操作をどれだけ滑らかにするかに関わる値で、後からPIDの設定画面で変更できます

Raceflight One Configurator 日本語化

PIDのデフォルト設定がこれにより変わります。後からPIDの設定画面で変更できます

レシーバーを選択

Raceflight One Configurator 日本語化

VTXを選択

Raceflight One Configurator 日本語化

これはスマートオーディオを使うための設定なので使わない人は適当でいいと思います

ペラ向き設定

Raceflight One Configurator 日本語化

完了

Raceflight One Configurator 日本語化

メインメニュー

Raceflight One Configurator 日本語化

機体構成の登録が終わったら実際に設定です

フライトコントローラーの設定

Raceflight One Configurator 日本語化 Raceflight One Configurator 日本語化

これによりフライトコントローラーがマウントされている方向を把握します。上下逆だったり、横向きだったり反対向きだったり、気にする必要がありません。つまり、ビルド時にも何も考えずに都合のいいようにフライトコントローラーをマウントできるのです

BetaflightのFC Orientation、Yaw 90とか、分かりづらいですよね

レシーバー検出

Raceflight One Configurator 日本語化 Raceflight One Configurator 日本語化

電波を解析して判断してくれます

送信機設定

Raceflight One Configurator 日本語化

当然ですがバインド作業は済ませておく必要があります

Raceflight One Configurator 日本語化

ぐるぐる回すことでレンジの自動判定。スペクトラムだからrxrangeどうこう、とはおさらば!

Raceflight One Configurator 日本語化

Raceflight One Configurator 日本語化

Raceflight One Configurator 日本語化

これでチャンネルマップの登録完了

プロポ側でサブトリムどうこうとか、センターを1500に合わせて、スティックエンドを1000と2000に合わせるとか、そういう謎作業ともおさらばです

加えてレンジの設定がプロポ依存ではなくなるので、異なるレシーバーなどでも複数の機体をプロポの一つのモデルに登録できるのも嬉しい

Raceflight One Configurator 日本語化

Raceflight One Configurator 日本語化

そしてアームの設定追加。BetaflightやKISSだとアームの設定を忘れるとアームできない状態になりますよね。Betaflightの場合はスティックコマンドでもアームできますが、初心者がそんな事を知る余地なんて無いですよね

ESCアップデート

Raceflight One Configurator 日本語化

ボタン一発。私はKISSユーザーなのでこの辺りはあまり変わり無いですが、適切なファームウェアを自分でダウンロードして、とかが無いのがいいですね

Blheliは使ったことが無いのでよく分かりません

モーターキャリブレーション

モーター方向とアイドルの調整

Raceflight One Configurator 日本語化

モーターの向きを設定します

これでビルド時にモーターの配線3本がESCにどのように繋がるか、またはビルドした後に正しい回転方向に配線を直す、などの作業とおさらばです

Raceflight One Configurator 日本語化

順に回転するモーターを選択することでアプリがFCとESCの配線の組み合わせを判断します

アプリでこれが行われるのでビルド時にFCとESCのモーター制御配線がどれがどこに行くか気にする必要がなくなりました。都合のいい場所(おそらく一番近い場所)に配線できるようになったのでビルドもより綺麗になりますね

これで一通りの作業が終わり、飛ばせる状態に!!素晴らしいです

FPV LIFE # 38 – Nurk / Bulbufet (Paul Nurkkala)

今回のゲストはNurkことPaul Nurkkala氏です。彼は少し前まではBulbufetというハンドル名を使っていましたがDRL Season 2に出場するのが決まったところあたりから正式にNurkへと名称変更をしています

彼はFPV界隈では既に有名な人物ですが、より注目されるようになった要因の一つにDRLパイロットになったこともあるのかも知れないですね。そんなこともあり今回のエピソードでもDRLにまつわる話が多かったです

彼自身もDRLの話ならいくらでも出来ると言ってました

DRLのパイロットは、直近ではJohnnyFPV、Wild Willyが出演していますが、それらのエピソードで聞きそびれた質問を今回ライブチャットで投げて見た所、解答が得られました

その質問とは、DRLのパイロットは機体(Racer 3)にどれだけの自由度が持てるのか?という内容です

DRLは海外で言われるSpec Racingというレース方式で、パイロットが皆同じ機材を使ってレースをします。DRLに関しては機体はもちろん、ゴーグル(FatShark)、プロポ(FrSky Taranis)も全員同じものを使います

その中でパイロットが自由に設定出来るのはカメラアングルとレートだそうです

カメラアングルはレースの開始時にゴーグルの映像越しにスタッフに上、下などと呼びかけて好みの角度を変えてもらうそうです

レートに関してはプロポのスライダースイッチに5つのプロフィールが割り当てられていて、その5つのレートプロフィールから自分の好みの設定を選択出来るようになっているようです(彼らは事前にRacer3を提供されているのでその時にテスト・選択している)

その他興味深かった話

Racer 3にはPulse社の5S 1800mahを使用。6040 Tribladeを使用。AUW 930g
DRLパイロットは報酬をもらっている?→もらっている。交通費と食費も全額支給
DRLパイロットはパイロットによって報酬は違う?→違う。パイロット同士でもその差額は把握している

実際の金額については触れていなかったですね

NurkはフルタイムFPVパイロットではないそうです。現在契約社員の形でソフトウェアエンジニアをしているようです

ちなみに私がNurkを知るきっかけとなったのはハワイで行われたDrone Worldsについて話しているこのエピソードです

この大会では色々な問題があったようなのですが、彼が客観的に物事を説明しているところから賢い様子が伺えました