hc100 のすべての投稿

JDL ROUND6

JAPAN DRONE LEAGUEのレースに参加してきました

初の5インチ機のレース。クラス分けはオープン、エキスパート、プロとなっていて勝ち抜いて昇格ができるような仕組みになっています。初参戦のためオープンクラスとなります

場所は佐野日本大学学園陸上競技場にて。400mのオーバルトラックに設置されたコースはJDL史上最長のようです

ハイスピードで長距離、自分がもっとも苦手と言うか飛ばさない感じのレイアウトだと思いましたが実際に飛ばしたら結構飛ばしやすかったです

難しかったところはストレートの後に直角して入るゲート。後は終盤にあるS字。S字はほとんど練習していないので超苦手。実際2回ほどフラグにぶつけました

DAY1
練習日は各パイロット3回、それぞれ3分飛ばせました。コースが長いのでバッテリーは持っても2ラップ。3分飛ばすには途中でバッテリー交換する必要があり

練習1回目、トランスポンダーを付けていた向きが悪くて記録無し。おまけにDVRも撮り忘れてこちらも記録無し

2回目は1回目の練習でVTXのアンテナを破損してしまったらしく映像に乱れあり

3回目はフラグへの接触でペラが緩んで終了

最終的に記録ベストラップタイムは42.550で22位でした。1位は岡選手の26.421、ほぼ倍速w

DAY2
残念ながら接近中の台風18号の影響で雨となり、急遽予定は変更されて屋内レースになりました

場所は陸上競技場に隣接している野球部の室内練習場。コースはかなり狭くなり20m x 20mぐらいの広さに変更

コース自体は難しくないのですが狭いのと全方位ネットで囲まれているのでなかなかスピードが出しづらい

この日は楽しむ事に割り切ってフリースタイル機でGoProを積んで参戦。スピードも出しづらいので自分の技量では大してラップタイムも変わらないだろうと言う判断

予選は各パイロット2分間のタイムアタックをそれぞれ2回行います。そこからベスト9が準決勝進出

2回とも満足できるフライトができ、ベストラップは8.427。オープンクラス内で6位のため準決勝進出となりました

参考までに全体順位は26位で昨日の練習より低い順位に。広い方が苦手じゃなかったんかいw そして全体1位は岡プロで5.054、屋内でも倍速w

準決勝のヒートではラップタイムは私より速い2人との組み合わせになったため、私は安全運転重視で他の選手が失敗する事を願う作戦

そしてこれが見事に成功!一番速い方が途中でクラッシュし、残る2名でのレースになりましたら何とか逃げ切ってフィニッシュ

決勝進出になった訳ですが、勝ち残ってきたのは小学生2人ww しかもこの2人、予選でもワンツーの実力者。勝つべくして上がってきたのです

JDL ROUND6

ラッキーアラフォー対最速U10 始まります

作戦は、、、もちろんラッキー狙い、、、

そして、、、まさかの、、、ラッキー、、、、、、

小学生2人ともクラッシュ。焦った自分もクラッシュ、でも最後にクラッシュ

優勝しちゃいました!!

今回は商品総額100万円越えと謳っていたので商品にちょっと期待していました。そして、オープンクラス優勝の商品は、何と、Futaba 16SZ!!!超豪華!でも、こないだ買ったばかり、、、持ってるよ!

ラッキーアラフォーはここでは終わらない。更に、予選タイム順位6、16、26、36、46と6が付く順位の選手にも商品があるとの事で、見事26位だった私。そして26位の商品は、何と、Futaba 16SZ!!!超豪華!でも、さっき貰ったばかり、、、持ってるよ!

さすがにこれを受け取ったら二度とJDLのレースに出られなさそうだったので辞退。適当に何かを、、、と言って出てきたのが、何と、Futaba 10J!!!またプロポwww

JDL ROUND6

やってくれるぜJDL

と言うわけで、全てのドローン運を使い果たしたJDL ROUND6でした

参加者のみなさんお疲れ様でした。そして選手を第一に考えるJDLの皆さん、最高のレース体験をありがとうございました

GoProのフッテージを後から見たら、決勝で私が1ラップ目にオーバーからのアンダーでくぐるゲートの所でコースアウトし過ぎて、先に走っていた2人の進路に行ってますね。これが原因で彼らがクラッシュしたのかも。。。とは言え、ドローンに限らずレースとはそう言うもので常に外的要因にも影響される。自分にもきっとそういった不運がこの先起きるので、今回の幸運はしっかり噛み締めたいと思います

Fixed Wing Day 1

Untitled

固定翼機始めました🛩

購入したのはReady Made RCのRecruit

ドローンレーサーを飛ばしている人達もターゲット層に入っているらしく、組み立てはいたって簡単

PNPバージョンだと送信機のレシーバーを取り付けるだけです。機体の中にサーボコネクタがエルロン、エレベーター、スロットル、モード切り替え用にそれぞれ用意されているので繋げるだけで飛ばせます

レシーバーは、せっかくなのでロングレンジできるようにTBS Crossfireで組んでみました📶

機体ノーズ部分には各種HDカメラが取り付けられるアダプターも付属してきて、GoPro Sessionにももちろん対応しています

FPVカメラも簡単に取り付けられるようになっています

私はRuncam Swift2とTBS Unify Proという組み合わせでFPVシステムを取り付けてみました

4Sの1600mahのバッテリーで20分以上飛ばせます🔋⚡️

早速 maiden、まずはレベルモード、目視。最後にクラッシュ💥

結構頑丈ww 2回目。特に何も起きませんのでただのつまらないフライト映像ですw

だいぶ慣れてきましたが、無意識にヨーを入れてしまいますね!ヨーの機能はない

私はモード2なので左ではスロットル管理だけで、ほぼ右だけで操縦する感じですね〜、ロールだけでターンする感覚が新鮮で面白い

そして何より、思ったより速い!!

最後に土手に上がって視界を確保してFPV

所々ものすごく跳ねているけど、これはレベルモードだからなのかな?アクロモードにすると少し改善するのかしら。特に向かい風は厳しいですね

レベルモードだと最大45度まで傾けられるらしいです。次回はアクロモードで飛ばしてみたいと思います!

最後にTBSのかっこいい動画をどうぞ✨

Drone Impact Challenge 2017

ドローンレース2回目は横浜赤レンガ倉庫イベント広場で行われたDrone Impact Challenge 2017

今回は2位でフィニッシュすることが出来ました👏👏👏👏

予選のタイムアタックでは1位で通過することができ、機体の速さに限って言えば会場で一番ではなかったでしょうか

前回のメーカーフェアでのレースは無改造Inductrixしばりでしたが今回レギュレーション内であれば機体を自由に組めるということで、自分の機体構成がどれだけ通用するか確認できるいい機会でした

TinyWhoopは5インチと違って出力が限られているので、機体の軽量化がかなり影響してきます。機体も20g程度なので0.1gでもそれなりに差が出ます

というわけで今回はバッテリー込みの全重量24.5gになる機体で参加しました

トラックレイアウトが長いオーバルを周回するだけの単純なコースだったのでトップスピードが出るように2枚羽を選択

カメラ角度は30度に調整。TinyWhoopに装着する小型のFPVカメラはかなり広角(1.8mm相当)なので、普段は10度です。今回DVRでペラの写り込みもありません笑

アクロモードで飛ばし、大会中はMAX80〜90%ぐらいのスロットルでした。フルスロットルであれより速く飛んだかどうかは怪しいところですが

決勝戦のスタートでは、フライングを避けたくて遅めにスタートしたつもりが、何故か決勝相手のMさん、Yさんも遅めのスタート、、、

結局スタートから先頭に出れたので、逃げきるのに必死でかなり全開で飛ばしましたが残念ながらクラッシュしてしまいましたーーー!自爆オツ💥

Yさんもクラッシュしたようで、Mさんが優勝。結果2位となりました✨

予選と決勝のDVRです

レースの内容は以上ですが、今回大会の運営に当たってかなりハテナ???なところが多かったです

進行が遅れて7時開始の選手受付が全く始まる気配なく、そのまま何の説明もなく大会自体が1時間半ほど押した状態でスタート

TinyWhoop戦では1レース目で機材トラブルか何かでかなりグダグダ。これには1レース目のパイロットさん達はかなり消耗してしまったのではないでしょうか

エントリー当初から気になっていたタイム計測。ポンダーを付けなくていいとのことだったので、TeamBlackSheepのレーストラッカーのようなVTX周波数でトラッキングするシステムでも用意されるものかと考えていました

が!実際にはスタッフがFPVモニター越しに目視計測するという超アナログな仕組みでした。これ、どうなんでしょうね

予選結果とか貼り出された訳ではないのですが、予選通過基準の3位と4位で僅差だったらいい気持ちではないですよね?

計測するシステムがないならタイムアタックではなく勝ち抜き方式の方が良いのでは。せめて目視確認も1機体に2人付けて、起こりうる人的ミスや誤差を軽減して欲しい

タイムアタックは2回行えるというスケジュールでしたが、何故か1回だけで終わりました。これ、どこかで変更のお知らせの放送があったのですかね?2回あるという前提で戦術を練って来ている訳で。。。

1回目のタイムアタックが終わっていきなり決勝戦で呼び出されたので焦りましたよー💦

他にも言いたいことがたくさんあるけど書くのがだるくなったのでここで終わります!!!

あ、最後に一つだけ。今回も沢山の初めましてな人たちに暖かく受け入れてもらい選手ピットでは和気藹々、楽しくすごくことができたことに感謝です

何人か話かけようと思いながらタイミングを逃して話せなかった方達もいるので、次のレースではよろしくお願いします

次にでるレースはJDL Round6 in 佐野!まさかの5インチんこです🍆💥