Drone Day 6 – TinyWhoop マイクロFPVドローン

Untitled

FPV Drone界隈で話題となっている超小型のFPV飛行ができるTinyWhoopをゲットしました👍

Untitled

全重量(All-Up-Weight/AUP)はたったの24g。電池を除くと19g😵

搭載されているFPVカメラはFX798Tというもので、こちらの重量は僅か4.13g。この手のカメラをmicro FPVというみたいです
視野角度が120°でとてもワイドなので、この視界で操縦するのはちょっと慣れる必要がありそう。しかし、小さい機体で細かいところをすり抜けるには視界が広いのは嬉しい

ビデオ送信機は25mwの5.8GHz。25mwの出力でだいたい70m〜170m(場所により)ぐらいの距離まで飛ばせるみたいなので、この機体には十分以上です

使用する電池はMylipo 205mah 25C 1S。飛行時間はだいたい2〜4分

Techトークはこのぐらいにして、早速ファーストフライトへ🎮

いきなり目視(Line Of Sight/LOS)ではなくFPVで飛ばしてみました。しかも屋外。さらにパイロット(私)のFPV飛行は人生2回目です💦

感想は、かなりイケる!つい最近、室内専用のHMX 68を外で飛ばしてみたのですが、それよりは安定します。この日は少しだけ風もありましたが、操縦できるレベルでした

QAV210を飛ばしにいけない時のFPVの練習用にと思いましたが予想以上のクオリティでしばらくこっちを飛ばすのに忙しくなりそうです

Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です