Climbing Day 177

人生2回目の二子山に行って来ました。前回完登することのできなかった悪魔のエチュード(10a)が今回のお目当て。メンバーは片さんとひろみさん

そこらの岩で身体をあたためて、トライ。正直、前回の二子山から8ヶ月も経っていたし楽勝かと思っていましたがいざ取り付いてみたら身体が重かった。。。さすが日本一被った10a

片さんから"半年の成果がここで形になるね〜"と軽〜くプレッシャーをかけられながらも、なんとかファーストトライで完登できました。指と呼ばれている壁の突起部分を越えたところで腕がかなりパンプして(張って)しまい、指の上に立った状態で壁の適当な隙間に足を埋め込みロックしてレストすること数分。指の上から終了点へは1つのムーブですがビビってなかなか動けず。泣きそうになりながら気合で乗り越えました。もう二度と登りたくないからっていうだけの思いでした

その後は弓状エリアから右壁エリアに移動して、徒然草(10c)にトライ。本来は"つれづれぐさ"と読みますが、ルート名は"とぜんそう"と読むらしいです。分かりやすい核心が一箇所あるだけで後はガバだらけの課題。核心部分が絶妙で、かなり好印象な課題でした。オンサイトトライをさせて頂きましたが、失敗。その後3便ほどで完登できました

*

写真は弓状エリアのノースマウンテンに挑戦する片さん

Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です